• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年3月23日

 


 

中村妃智選手(自転車)表敬訪問

日本写真判定(株)千葉事業所(千葉競輪場)に勤務する中村妃智(なかむらきさと)選手が、2月16日~20日に開催された「アジア自転車競技選手権大会トラック2018inマレーシア」で金メダルを獲得。その報告に市長表敬訪問をしました。
中村選手は、女子チームパシュート(団体追い抜き)で金メダルを獲得すると同時にアジア新記録を樹立。さらにはエリート女子マディソン(30km)でも金メダルを獲得、エリート女子10kmスクラッチでは4位入賞、エリート女子3km個人パシュートでも4位入賞という快挙を成し遂げました。

表敬訪問の様子

「パシュートは2位中国との差があったので、"行ける"と思っていましたが、マジソンは力の差が均衡していて、そんな中での戦いでした。マジソンはゴールした瞬間は結果がよくわからなくて、モニターに映し出されてから優勝がわかったので、より喜びは大きかったです。日本はこれまで団体種目では金メダルを取ったことがなかったこと、そして今回は今までで一番いい成績が出せたことで喜びも大きかったです。」と中村選手。
「私はパシュートやマジソンといった団体競技が好きなので、この2種目には今後も力を入れていきたいし、ぜひ次も出場したいと思っています。」と話すと、熊谷市長も「日本人はリレーのような団体競技が好きだし、向いていますよね。パシュートは面白い。いずれ千葉競輪場で自転車のパシュート競技が見られるようになるといいですね。」と話し、平昌オリンピックのスピードスケートでパシュート競技が注目されたこともあって、パシュート競技の話で盛り上がりました。

huokeihomon-nakamura1


次の目標はと聞かれた中村選手は、「アジア新記録とは言え世界との差はまだある。けれども日本は世界に凄いスピードで追いつきつつあります。その手ごたえはあるし、もっとレベルアップできると感じています。夏に行われる4年に1度のアジア大会は注目度が高いので、そこで結果を残すことが、自転車競技を認知させていく機会になるから、そこでの活躍を目指したい。」と力強く話してくれました。
中村選手は、昨年11月に開催された「UCIトラックサイクリング・ワールドカップ第2戦」の団体追い抜きで日本新記録(予選時)を樹立し、銅メダルを獲得したばかり。これからの活躍に目が離せません。

hyoukeihomon-nakamura2

最後に熊谷市長から「まずはアジア大会で思う存分戦ってもらって結果をだし、そしてぜひ東京オリンピックに出場し活躍してくれることを期待しています。」と激励をして、表敬訪問を終わりました。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部スポーツ振興課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5968

sports.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)