ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市長との対話会 > 主な質疑応答の要旨 > 平成24年 > 【市長との対話会】主な質疑応答の要旨(花見川保健福祉センター)

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

【市長との対話会】主な質疑応答の要旨(花見川保健福祉センター)

日時:平成24年10月20日(土曜日) 13時00分~14時00分
場所:花見川保健福祉センター
【市長との対話会】花見川保健福祉センター

市税徴収率について

(参加者)
市税徴収率を向上させる具体的な施策はあるのか。市税徴収率は何%位なのか。
(市長)
市税徴収率の向上は一番の課題だと思っており、市税事務所を創設した。東部と西部の2箇所に集約することで、職員同士の知識と経験の共有化や専門的技術の継承を図ることで、支払い困難な方の組織的な対応を行い、より一層の市税収入確保を図っている。
その結果、平成23年度の徴収率は93.2%で、毎年徴収率は向上しており、他の政令市と比べてもその差は確実に縮まっている。

生活保護費の適正化について

(参加者)
生活保護の専門調査員や警察OBを雇い、生活保護の不正受給を防ぐべきではないか。また、受給者の就労支援をしてほしい。
(市長)
年金などの資産調査専門スタッフや暴力団などに対応するための警察OBを配置している。
就労支援については、既に生活保護自立支援強化プロジェクトチームを立ち上げており、働ける方に対して求人情報の提供やハローワークへの同行訪問などの支援、雇用先の開拓、カウンセリングなどに取り組んでいる。

経済施策について

(参加者)
経済施策のために実施している事業を教えてほしい。
(市長)
新しくビジネスを始める人達向けにベンチャー企業を支援する施設を作ったり、企業を誘致するための補助などを行っている。

幕張ビーチ花火フェスタの経済効果について

(参加者)
今年から「幕張ビーチ花火フェスタ」の開催場所を千葉みなとから幕張に移したが、経済効果はあったのか。
(市長)
観客数は、例年の20万人から30万人に増えており、経済波及効果はかなり大きかったものと考えている。千葉みなとに比べ、海浜幕張には飲食店などの商業施設が多く、その日はほとんどの施設が埋まり、ホテルも特需状態で繁盛していたと聞いている。

改善のアイディアについて

(参加者)
市政の改善がどんどん進んでいるように感じているが、アイディアは市長自らが出しているのか。
(市長)
就任時の取り組みは、私自身の考えが大半を占めていたが、今は職員自身がアイディアを出し、一緒になっていろいろな事業を生み出している。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)