ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ツイッター版対話会 > ツイッター版対話会(平成24年10月17日)開催結果

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年10月3日

ツイッター版対話会(平成24年10月17日)開催結果

ツイッター版対話会概要

  1. 日時 平成24年10月17日(水曜日)21時から22時30分まで
  2. 総ツイート数 431件(市長のツイート含むすべて)
  3. 発言者(アカウント)数 261人(RTのみのアカウントを含む)
  4. テーマ 「平成23年度決算と脱・財政危機への展望」
  5. 参考資料 「平成23年度決算と脱・財政危機への展望(PDF:5,241KB)

ツイート内容

「脱・財政危機宣言」について

主な市長ツイート

  • まず始めに、千葉市の財政状況は政令市の中でもかなり悪い状況にあり、私が市長に就任した平成22年10月に「脱・財政危機宣言」を発しました。予算の使い方を根本的に見直して財政再建を強力に進めるというものですが、まず、この宣言についてはご存知でしょうか?
  • 脱・財政健全化の認知度を伺い、行政からの財政状況の発信などに対する認識、今後の発信手段等の工夫に対するご意見を頂きたいと思っていますので、具体的な提案の前に皆さんのお答えを聞かせて頂きたいと思います。
  • 宣言の時期を平成22年と誤記していました。正しくは3年前の平成21年です。宣言については当時様々なメディアで紹介されましたが、当時の対話会でもご存じない方も多数いらっしゃいましたし、年が経つにつれて記憶からも落ちている方もいらっしゃいます。

主な意見

  • 個人的には宣言は知っていましたが、周囲の認知度はあまり高くないような気がします。
  • 財政がピンチということと脱・財政危機宣言は聞いたことがありますが、具体的な内容はよく知りません。自分の住んでいる町だから興味を持たないといけないのでしょうが。
  • 日本の行政の中で、一番変えやすい組織は、身近な地方自治体なのに、脱・財政危機宣言等に関心がないのは理解できません。
  • 財政状況の悪化はある程度理解おり、宣言したこと自体は知っているが、細かい内容は知りません。

「市の財政状況に対する意識」について

市長ツイート

  • 脱・財政危機宣言の理由の一つに、このままの財政運営では財政指標が悪化し、国から早期健全化団体に転落する可能性があったことが挙げられます。宣言後、様々な事業の見直しを行った結果、そうした事態は回避できることが確実となりました。
  • 国から早期健全化団体に指定されれば、都市のイメージダウンにつながり、千葉市に住もうという人が減少するリスクもあり、私たちは財政再建を進めてきました。ちなみに、皆さまは家を買う際にその街の財政状況というのはそもそもどの程度意識されていますか?
  • 住む場所を決める場合、様々な要素が絡むとは思いますが、仮に行政が要素となるのであれば、行政サービス、つまり「どれだけお得か」という観点であり、財政といった経営面のところまで意識する方はどちらかというと少数派ではないかと思います。
  • 行政サービスは意識するが、財政は意識しないというのが大勢のご意見でしょうか。なお、千葉市は夕張市とは違い、財政規模が大きいので破綻というのはありえなく、現在のような財政健全化路線を進めていけば確実に財政は回復します。
  • 本質を突くご質問を頂いたのでリツイートしました。「商品を買う際にその店の財務状況は気にしない」と。その場合、私たちはユーザであり、消費者です。街の場合違うのはユーザではなく、運命共同体、つまり株主的立場なので財務状況と無縁ではいられなくなるということかと。
  • なお、どなたかがツイートされていましたが、持ち家の方は運命共同体であるのに対して、賃貸の方の中には「街がダメになれば引っ越せばいいだけ」という方もいらっしゃるでしょう。その場合はユーザ的立場ということになります。

主な意見

  • 千葉市の財政が破綻すれば、住みたがる人もいなくなると思います。
  • 家を買ったことはありませんが、借りる時でさえ街の雰囲気は気にします。同様に、行政サービスの格差も確かに気になります。
  • そこを意識している人はいないのでは。ただ、例えば子育て世代なら学校のレベルや医療の補助の状態といった形で間接的に気にするでしょう。
  • 例えに出すのは失礼ですが、夕張も「メロン」の次には「財政破綻」をイメージしてしまいますし、イメージって大きいと思います。特に悪いイメージは人の印象に残りやすいのではないでしょうか。
  • 小売店で商品を買う時にその小売店の財務状況は気にしません。それは地方自治体と住民の関係でも同じ、ではないですよね。何が違うと感じさせるのでしょうか。
  • 財政危機のレッテルは千葉市への人や物の流れを阻害する存在でしかなく、将来の千葉市が再び財政危機に陥ることがないように、いかに次世代へ持続的なメッセージを申し送りするかも重要な課題でしょうね。

「乳幼児医療費」について

市長ツイート

  • 子どもの医療費助成の意見が。対象を小学校入学前から小学校3年生まで拡大した際に、自己負担を200円⇒300円に引き上げました。これが財政難と写ると。200円⇒300円に拡大することの歳入の十倍ほど拡大に伴う費用の方が大きいわけですが見えないのだと思います。
  • 私たちは子育て施策に重点的に予算を配分していますが、財源の工面が必要です。自己負担が100円上がることが本当にクリティカルなことなのか、それによって年間数千万円税金支出が変わるのであれば引き上げて対象拡大の実現が先決と私たちは判断しました。
  • 一つ、同じ子育て世代として申し上げると、簡単に見比べられる医療費助成だけで判断して良いのでしょうか。待機児童対策、保育所の面積等の質的基準、病児病後児保育など、これらを総合的に見るべきで、300円を無料にするより優先順位が高いと判断しています。
  • 医療費が無料になると安易な受診が増え、小児科医の数が間に合わなくなります。そのことが結果的には自分達の首を絞めることにもつながります。無料というのは決して良い施策とは限らないと市民は理解をした方が良いと思います。なお、入院は中学校卒業まで補助しています。
  • 検診回数はどの市も14回補助しています。医療費助成対象が千葉市よりも広い市と比べ待機児童率は少ないですし、一人あたりの面積などは上です。どこを見るか、です。

主な意見

  • 子育て世代にとって行政サービスの差は大きな問題です。医療費の助成の年齢対象は広がったものの、負担額も上がりました。また、幼稚園就園の助成金も減りました。それらの点に、財政の悪化を皆感じます。
  • 医療費助成が多いほど財政健全で、自己負担が200円から300円に上がったから不健全というのは違うと思います。
  • 医療費助成300円でも十分安心。少しは負担がないと、むやみやたらに受診が増えそうに思う。
  • 医療費は400円でもいいので小学校卒業まで助成してほしい。
  • 私は都内在住の子持ちですが、全くこの意見(医療費が無料になると安易な受診が増える)に賛成です。私の区では無料ですが、やはり100円でも取るのと取らないのでは違うと思います。
  • 兵庫県から千葉に転入した際、え、300円でいいの?大丈夫なの、千葉市って思いました。それまでは800円でしたので。

「老人福祉バス」について

市長ツイート

  • 老人福祉バスについていくつかご質問を頂きました。以前はバスも運転手も市が抱えていたものを見直しして、民間バスの借り上げに補助する形に切り替え、費用を節減するとともに小回りのきく制度としました。

主な意見

  • 老人福祉バスなんてものは不要。
  • 資料にある「老人福祉バス」というのはどういうシステムで運営されているのでしょうか。京成さんや千葉中央さん等の一般事業者で代替えして、更なる費用削減は出来ないのでしょうか。

「財政悪化・歳入確保」について

市長ツイート

  • (ツイート「千葉が財政悪化した理由は市民に理解してもらえるのでしょうか?」に対し)財政悪化の要因の1つに都市基盤整備があり、これは市民に恩恵があります。次に市民の適切な負担を避けたり、身の丈を超えた福祉サービスを行ってきた面は後ろの世代が損をします。
  • 歳入確保についてご質問を頂きました。一つは市税徴収対策。二つは独自財源確保。QVCマリンフィールドのネーミングライツは10年間で27.5億円の契約です。こうした工夫による財源確保、さらには企業誘致などによる経済活性化が長期的視点として取り組んでいます。

主な意見

  • 歳出削減に比べて、歳入確保の方はあまり触れられてないのは、歳入を増やすのは難しいのでしょうか?どっちも難しいのでしょうが。
  • 市税を口座振り替えにするとプレゼントが当るというのを以前やっていましたね。新しいと思いました。

「市民サービス」について

市長ツイート

  • (ツイート「「地域のつどい・ふれあい入浴事業」なんて市民の何パーセントが利用しているのか疑問。不要では。」に対し)ご意見ありがとうございます。従来は無料であったものを自己負担を取る形とし、全体予算を大幅に縮減させました。

主な意見

  • 何でもかんでも市が負担をする風潮は止めるべき。サービスの享受者が負担を担う方法に変えられないものか。
  • 自分が利用していないサービスを不要と断じるのは簡単ですが、必要としている人のことを少しは考える余裕が欲しいところ。特にこういう議論の場では。
  • 少数が利用しているサービスだからと言って、その他大勢に負担を強いるのは間違いでは。
  • 利用者数だけでなく、そのサービスの重要性をしっかりと見極める必要があるでしょう。場合によっては大勢に負担を強いることもあるかもしれません。

「市の施設について」

市長ツイート

  • (ツイート「きぼーる、動物園などの設備を、例えば民間に売却するといった検討の価値は。」に対し)常にそうした視点は重要です。ただ、きぼーるは特殊な設計となっていますし、動物公園は採算が合わないので民間は手を挙げないでしょう。
  • サービスや施設が散っており、今後は駅前に固めてはという提案が。今後の街づくりの視点として高齢者にも優しい、公共交通の結節点に公的施設を集約する考えは重要です。ただ、その過程で自分達の地域から施設が無くなる人たちの反発を想定する必要があります。

主な意見

  • 若葉区在住ですが、正直利用しにくいです。子ども交流館のような施設が若葉区にもあるといいのですが。
  • 四街道市民ですが、きぼーるは結構使いますね。千葉駅からワンコインバスで利用出来ます。駐車場の改善等は地価の問題もあって大変でしょうから、公共交通との連携を強くすれば、利用者も上がるのでは。

交通環境について

主な意見

  • 都心とつながる鉄道本数の増加も活性化になると思います。津田沼で止まる快速を千葉まで延ばすだけでも人の流れが随分変わるのでは。
  • どちらかというと千葉市内の移動を便利にして欲しい。
  • 千葉都市モノレールが、将来環状化して点在している施設をつなぐインフラになれば面白いです。
  • モノレールはこれ以上延伸する必要無いとおもう。伸ばしたらそれこそ財政大赤字になるのではないか。

ツイッター版対話会について

主な意見

  • 今回のような取り組みを続けて頂きたいです。もちろんソーシャルメディア利用者以外の意見も重要ですが、なかなかできることでは無いと思います。
  • ツイッター対話会はとても面白いのでぜひ今後も続けてください。
  • 今後も一定の頻度で続けてくださるとありがたいです。市長だけでなく自分以外の市民の方々の多様な意見が伺えるという意味でも、貴重な機会です。
  • 様々な意見があることを実感できたし、市民一人一人の意識で街が変わるのかもしれないと思えました。大変有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。

その他

市長ツイート

  • (ツイート「こう言う余った市が所有している土地の有効活用して収入源増やす事はできないのだろうか。」に対し)ご提案ありがとうございます。まさにそうした市有地を有効活用すべく、昨年度から資産経営部を新設し、賢い資産活用に取り組み始めています。
  • (ツイート「緑区には総合病院がなく、先日夜間急患になってしまった際に都賀の方まで連れて行ってもらう事態になってしまいました。できることなら解消してほしいです。」に対し)私たちも課題と認識しており、今後救急に対応する病院が整備される予定です。
  • (ツイート「国保事業の累積赤字を解消するための策はなんですか。市長の任期3年で180億円の借金」に対し)私の任期中に国保会計が180億円借金しているのではなく、累積赤字が180億円あるということです。平成23年度は僅かですが赤字は減っています。
  • (ツイート「今日の投資家向けのIR説明会の投資家の方の反応はどうでしたか。」に対し)千葉市の財政健全化が着実に進んでいることについて評価を頂きました。昨年のアンケートでは、市長以下が強い姿勢で健全化を進めていることを評価頂いています。
  • (ツイート「市議会議員定数の削減や議員日当制なども進めていって欲しいです。」に対し)残念ながら議会に関しては私はお答えできません。是非市議会議員に声を届けて下さい。
  • (ツイート「敬老の日に金品配るのやめよう」に対し)今後の見直しに向けての重要な視点だと考えています。
  • (ツイート「幕張総合高校付近、若葉地区に広大な空き地が広がっています。高校通学時代、無駄にブルドーザーが地ならしをしていたのですが、それこそ削減すべき事業の一つでは。」に対し)若葉住宅は企業庁が今後整備を進めます。ご安心下さい。
  • (ツイート「千葉駅建替工事。こうした中で千葉市も建替工事に充てる補助金などは交付しているのですか。」に対し)駅周辺の移動を容易とするための乗降口の部分について必要な負担をしているほか、モノレールと上部階で直結させるための費用分担をしています。

主な意見

  • 経済規模が大きすぎて予算の資料を読み解きづらく、敬遠してしまう。その結果、雰囲気や分かり易いサービスで自治体を判断することになるが、分かり易いサービスばかり目立ってしまう。
  • 千葉市内で仕事をしたくても職に出会えない。
  • 児童館みたいに子供達が学校から帰って気軽に遊べる場がほしいです。自分達で行けて、雨の日も安全に遊べ、地域の子供達が仲良く交流できる場。福岡、東京、千葉、沖縄と住んでみて、千葉市は子育ての環境が整ってないと感じています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)