ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ツイッター版対話会 > ツイッター版市長との対話会(平成28年4月27日)開催結果

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年8月9日

ツイッター版市長との対話会(平成28年4月27日)開催結果

日時:平成28年4月27日(水曜日)21時00分~22時30分
総ツイート数:737件(市長のツイート含む)
発言者(アカウント)数:353人(RTのみのアカウントを含む)
テーマ:「平成28年度予算~市政の方向性~」

ツイート内容

予算分野について

(アンケート結果)

皆さんが関心のある予算分野についてお答えください。
  • 医療・介護・・・・・・・・・・・・・17%(184人)
  • 子育て・教育・・・・・・・・・・・・45%(486人)
  • 防災・安全、市民協働・業務改革・・・13%(141人)
  • 経済活性化、特性を生かす街づくり・・25%(270人)

(主な市長ツイート)

  • やはりSNSの世代的に「子育て・教育」が多いですね。SNSならではの特徴が見られ、貴重な意見が伺えそうです。 

医療・介護、子育て施策、里親制度について

(アンケート結果)

医療・介護について、皆さんが重視して欲しい分野について教えてください。
  • 特別養護老人ホームなど施設整備・・・・・・・・12%(131人)
  • 住み慣れた地域で医療と介護が受けられる体制・・34%(373人)
  • 介護人材の確保・・・・・・・・・・・・・・・・32%(351人)
  • 健康づくり、妊産婦医療・・・・・・・・・・・・22%(241人)

 

子育て施策について、皆さんが重視してほしい分野を教えてください。           
  • 保育の充実、学童保育(子どもルーム)・・・・・45%(509人)
  • 幼稚園への支援など、保育所以外の施設充実・・・13%(148人)
  • 子ども医療費助成などソフト面での支援・・・・・19%(215人)
  • 児童虐待等の困難な環境の児童への対応・支援・・23%(260人)

 

子育て施策について、国も市も家庭的な環境で養育できるよう里親制度の周知等に取り組んでいますが、皆さんは里親に関心はありますか。

  • 里親制度を知らなかった・・・・・・・・15%(158人)
  • 制度は知っているが詳しくは知らない・・58%(612人)
  • 関心がある・・・・・・・・・・・・・・27%(285人)

(主な市長ツイート)

  • 介護人材の確保、訪問看護サービスの充実、介護関係者と医療関係者が対象住民の情報を共有し、包括的にケアすること、訪問医療をする医師の養成など、様々な対応が必要になります。
  • 保育・介護従事者の給与は国が決定し、補助をします。自治体独自に補助を出した場合、近隣市との補助合戦となり自治体の財政的疲弊も懸念されますが、子育てや介護の充実のためには必要という考えもあります。
  • 需要の高い地域に関しては駅周辺に迅速に整備できる小規模保育所を優先的に整備するようにしています。適した物件が少なくなってきていることにどのように対応していくかも課題です。
  • 千葉市は今後、保育所における男性活躍推進を本格的に進める予定です。市の努力とともに、保護者側の意識も変わっていただかなければいけません。
  • 児童相談所の権限の強化は国の領域であり、国は今後も強化していく考えを打ち出しています。問題は・それに伴い一時保護が増加し、一時保護所に居る児童の増加・長期化への対応、その子たちに最適な養育環境を提供することです。
  • 私たちは学校から子どもルームへの移動における安全面、賃借するコスト等を考慮し、できる限り学校の校庭、空き教室に子どもルームを移転していく方針があります。
  • 現在は、保護者からの「男性保育士にオムツ交換されたくない」などの意見に従っている状況ですが、逆の場合、女性差別で大問題になります。私は男女共同参画の観点から、相当の理由がない限りはこうした要望に応えるべきではないと考えますが、皆さんのご意見をお聞かせください。
  • 子育て施策について、児童虐待等の困難な環境にある児童の支援が待機児童対策とほぼ同じというのは印象深いです。国も市も家庭的な環境で養育できるよう里親制度の周知等に取り組んでいます。

(主な意見)

 医療・介護について

  • 日本の統合失調症患者(100人に1人)は、世界でダントツに在院日数が長く医療費を圧迫しているので、グループホーム増設してほしい。また、地域の医療や介護支援専門員、ケアマネージャーとの連携が大切だと思うが、人手が足りていない状況をどうにか改善できないか。
  • 医療・福祉施設は交通アクセスが良く、オープンな所がいい。 施設を人里離れた所に作る傾向があるが、車が必要な場所は避けたい。
  • 日本の国民皆年金制度を維持する上で、行き過ぎたドクターショッピングに何らかの規制が必要ではないか。
  • 医師側の意見を聞くと、発見しにくい病気でも、その病気である相当の確信がない限り現行の保険制度では保険の範囲内で突っ込んで検査ができないという声もあるそうだ。保険制度の在り方を自治体から発信することがあってもいいのではないか。
  • 療育などに通うにあたっての手続きが煩わしすぎる。また、療育施設の充実もお願いしたい。

 子育て施策について

  • 夫婦共働きという世帯が当たり前になっており、幼稚園や保育園といった施設に新しい役割が求められていると思う。
  • 年少人口割合が県内1位である緑区に駅型保育園を作れば、乗降人数の多い鎌取駅や土気駅は、需要が高く、騒音問題もクリアできると思う。
  • 後を絶たない児童虐待だが、児童相談所への強制力の付与、権限の付与など積極的方策はどうか。
  • 他の職種と比べた場合の保育士・介護士への報酬の少なさも、人材不足に大きく影響していると思うが、市で補助金を出すなど、市として行っていることはあるか。
  • 市川市のような保育園増設反対は、朝晩の時間帯だけ交通規制をすれば解決できるかと思う。
  • 最近になって学校から少し離れた所にあった、子どもルームが学校の校庭に移転したのは方針か。
  • 保育・介護従事者へ自治体独自の補助は必要だと思う。 ただ本来は「国が一律に決める」こと自体改めるべきではないか。
  • これからの千葉市の将来を考えたら、人材育成や人材確保に財政を注いでもらい、安定した状況で子育てしたい。子育てには環境が凄く重要だから。
  • なぜ「男性保育士にオムツ交換されたくない」のでしょうか。このような要望に応えるべきではないと思います。
  • 男性保育士がいた場合のメリットを浸透させたほうがいいと思う。不審者が出た場合、すごく頼れると思う。
  • 女の子には女性の保育士、男の子には男性の保育士というならば、女子保育園、男子保育園を作らなくてはいけなくなると思う。あとは、その不安をかき消せる保育士の人格の問題かと思うが難しい。
  • 男性保育士のオムツ交換について、性差という観点から嫌だと思う。そういったことは女性保育士に任せて男性保育士はオムツ交換以外で活躍してもらう。役割分担が大事だと思う。
  • 男性保育士は3歳児以上のクラスでもいいのではないか。3歳以上はオムツもほぼ取れて、自分でトイレに行ける。

 里親制度について

  • 同性カップルでも里親になれる制度があると、素敵なことだし、メリットばかりだと思う。一部の偏見も、多様な家族の形が広がってこそ減るはず。親の性別が子の幸せを左右したりはしないのではないか。
  • 子どもを沢山欲しいけど、そう簡単に授かるとも限らないので里親制度に関心を持った。しかし、色々調べてみると、そんな考え方で里親になろうというのは絶対だめ、子どものための制度であって親側のための制度ではないとの意見があり、考えさせられた。

教育について

(アンケート結果)

教育について、皆さんが重視して欲しい分野を教えてください。
  • 学校施設の環境整備・・・・・・・・17%(377人)
  • 教員の質の向上・・・・・・・・・・40%(889人)
  • 不登校・いじめ対策・・・・・・・・25%(556人)
  • 授業時間以外の多様な学びの用意・・18%(400人)

 

(主な市長ツイート)

  • 私たちは専門家による審議会の意見を受け、適切な学校・教室を保護者に伝えていますが、ご納得されないケースも。希望する学校・教室に通う環境を整えることが法律・社会的に要請されている現実があります。
  • 土曜授業は部活や大会等に影響を受けるほか、教員の研修時間が確保できないなど影響範囲が大きく、ハードルが高いです。千葉市としては土曜授業の前に、放課後の学びの機会を確保することを優先しモデル事業を今年度実施します。
  • 千葉市は学校施設の耐震化に最優先で予算を投入し、耐震化率は100%を達成しています。
  • スクールメディカルサポートは自身で排尿等ができず、看護士のケアが必要なレベルの障害を持つ児童が平成28年度から数人入ることになっており、その対応のための人的サポートになります。

(主な意見)

  • 特別支援学級を設置している学校の数が増えてきた。近くの学校に通えるのはいいが、中には1人とか2人といった学級もあり、果たしてそれで教育の効果が期待できるのかが疑問だ。
  • 明らかに学校教育が質・量とも低下している。週休二日制をやめて欲しい。公立教育が信用できない→塾・私立へ行かせる→子育てにコストがかかる→2人目はあきらめるという図式があるのではないか。
  • 性的少数者について偏見や差別を解消していくための授業を取り入れて欲しい。
  • 小1プロブレムのようにスムーズに環境の変化に適応できる仕組みがあるといいと思う。
  • 30年以上も前の教育心理学者の名前を問うような教員採用試験で、どんな能力を測りたいのか分からない。教師にどんな能力を求めるのかゼロベースで考えてみてはどうか。
  • タブレット端末の配布や電子黒板の設置等を行い、最先端の教育を行えるようにすれば、ドローン試験などの施策とも重なって千葉市のイメージがより先進的なものになるのではないか。
  • 教育の質の向上は、予算アップ以外に方法はない。未だにエアコンすらついてない学校の貧弱な設備、教員の稼働労働とそれに比例しない賃金。教科指導に重点を置くのであればその他の業務緩和が第一だと思う。
  • 教員が忙しすぎると心配している。特に中学校の部活動は、外部の指導者に入ってもらい、教員の負担を軽減できないか。
  • 外国人教員の授業では、より本格的な英語に触れられるようにして欲しい。
  • 教育現場の質の低下について、教師=公務員という体制から脱却することが必要だと思う。
  • 中学生や高校生が少し背伸びをした教育を受ける機会が制度としてあったら良い経験なると思う。
  • 英語教員が英検準一級持っていないというのは高校生と同じかそれ以下にもなりかねない。
  • 本来支援学級に入るべきの児童が、保護者の納得が得られず、通常学級に入ることになると、教員の負担、他児童への影響が懸念される。
  • もっと教員が教育に注力できる環境づくり(少人数クラス、部活動顧問、習熟度別など)に期待したい。
  • 学校教育ばかりに頼るのは駄目だし、学問だけが勉強じゃない。高校までの時間をかけて生きていける教育をし、どのように将来お金を稼いで生きていくかが大事だと思う。
  • 生徒が教師にタメ口、友達感覚でいる。果たしてそれが教育現場かと思われる状況がある。
  • 学力が本当に低下しているのか、それが真として何が原因なのかを考えるべきだと思う。また、海外の初等・中等教育にはなく、教職員の過重労働の原因となっている部活動は、千葉市が率先して中止させるべきではないか。
  • 学校は勉強も大切だが、挨拶・お礼等のコミュニケーション授業をしっかりしてほしい。大人でも挨拶をしない、されても無視する近所の方々が沢山いる。
  • 部活動の外部指導者についての具体的な情報は公開されていないのか。
  • 外部人材の登用とはいえ、教員がいなければ活動できないなどの実態はどうなのか。それでは教員の負担はほとんど変わらない。むしろ人間関係に悩むことになるのではないか。
  • 教員に対する研修等としての土曜日は確かに必要だが、土曜授業の弊害として部活や大会とあるのは違う気がする。学業のほうが優先順位は高いと思う。
  • 過去に土曜授業はできていた。また、「放課後学習に注力」といっても、共働きが常態化した現在は、親側にその時間が取れないと思う。
  • 教員は、定年退職した近所の方にボランティア参加してもらう等で補えないか。教師だけでなく、様々なバックグラウンドを持つ大人の話を聞く方が、よほど人生勉強になるかと思う。
  • スクールメディカルサポートの看護師は各校を普段から巡回しているのか。もしそうでなければ、突然やってきた大人に子どもたちは頼ってくれるのか疑問だ。
  • 息子の通う中学校ではPTAの提唱で「親が先生を尊敬することから始めよう」という取り組みをしていた。家庭で親が先生を褒めるか貶すか、結構影響が大きいようで目からウロコだった。
  • 教育で最も重要なのは、志のある教員をどう採用し、どう育成するかだと思う。

   

防災・安全について

(アンケート結果)

防災・安全について、皆さんが重視して欲しい分野を教えてください。
  • 実効性のある防災計画の立案・・・38%(348人)
  • 地域の防災力の向上・・・・・・・45%(413人)
  • 市役所本庁舎の建て替え・・・・・17%(156人)

 (主な市長ツイート)

  • 千葉市は学校施設の耐震化に最優先で予算を投入し、耐震化率は100%を達成しています。
  • 特に緊急輸送道路に指定されている道路の沿道建築物で耐震基準を満たしていない建築物は広域の課題になります。以前より持ち主に改修等を促していましたが、今回改修・除却費を補助する決断をしました。
  • 各戸の負担額が少ない地下水位低下工法が採用できる地域は工事に着工できそうです。負担が大きい工法のみの地域は一定割合まで合意が進んでも全員合意が難しく、最も市独自補助が多い千葉市でもかなり難しいと実感しています。
  • 私たちは地域毎に避難所等を指定していますが、ご自身にとって最適な場所を選択していただくことは可能です。
  • 千葉市では東日本大震災を教訓に受援計画の策定や支援物資に関するロジスティックへの対応として業界団体との防災協定の締結などに取り組んできました。熊本地震において千葉市と同レベルの準備がされていたのか等、検証します。
  • 既に就職活動などで活用できるよう学生消防団活動認証制度を設けています。
  • 消防団の加入は少し回復しましたが、依然として定数を割っています。学生の活用、消防団加入者への割引制度導入など、様々な対策を行っていますが、どのような手法が効果的でしょうか。ご意見ください。

(主な意見)

  • 千葉市内の教育施設関連の耐震化対策というのはどこまで進んでいるのか。
  • 歴史のある小学校の校舎はかなり古く、雨漏りしたそうだ。財政難であることは充分承知だが、子どもたちには雨漏りなど心配のない施設で学んで欲しい。
  • 市役所の防災機能に関する情報収集機能の改善はいかがか。熊本地震では市役所の施設整備の遅れと過度の人員削減が悪影響を及ぼしているようにも感じられた。
  • 熊本地震では、情報の統制がとれず、適切な救援物資の分配ができなかったことが課題だと思う。
  • 熊本地震においても、古い家屋の倒壊が目立っている。補助を機に改修を促す機運が広がると良い。
  • 熊本地震や鬼怒川の水害の際、市役所が壊れたり、機能を果たせない事態を耳にした。千葉市本庁舎も立地上、津波などの危険性はないのか。災害時を考えると本拠地となる役所の建て替えも必要だと考える。
  • 熊本地震では発達障害者が避難所に行けずに苦しんでいたが、千葉市ではこういった場合の対処はいかがか。福祉施設で一時優先的に保護されるべきだと思う。
  • 拠点となる市役所が地震で潰れては困る。
  • 新庁舎の整備にあたっては豊島区方式も検討してほしい。
  • 新庁舎の整備にあたっては、周辺施設のことも含めて考えてやってほしい。
  • 新庁舎の整備について、現在ある市の公共施設を利用する案もある。きぼーるは良い施設なのに使い方がもったいない。
  • 多額の税金を投入してほしくないが、災害対策本部になる庁舎は、しっかりしたものにしてほしい。
  • 新庁舎整備前に災害が起きた場合の行政サービスに関する影響(罹災証明書発行が滞る等)についても検証をお願いしたい。
  • 1982年以前に建てられた旧耐震基準に満たない建物を何とかしないと、地域の安全は難しいと感じる。
  • 避難所運営委員会は、近隣自治会を中心に組織されているようだが、自治会に入っていない人も避難したり食料や水をもらえたりするのか。
  • 磯辺地区はようやく液状化対策工事を行っているが、東日本大震災の影響で、他の地区においても弱くなっている地盤があるのではないかと思う。
  • 自主防災組織は、町内自治会の役員が兼務している例が多く、消防署と連携した防災訓練ぐらいしか稼働していないと感じる。複数の町内自治会で合同して結成し、もっと独立した運営を推進するべきと思う。
  • 地域の一時避難所・広域避難所等は公園等に掲載されているが、有事の際はパニックになると思う。家庭では避難所を数か所決めているが、地区ごとの避難所を市が決めてもいいのではと思う。
  • 美浜区一帯の液状化対策は急務だ。浦安や習志野では断念した地域が出ており調整の困難さが窺われる。
  • 親として、不審者が頻繁に出没してる昨今は、気がかりだ。普段のパトロール強化等をお願いしたい。
  • 液体ミルクは国内で製造や流通がされていないが、災害時には必要な物と感じている。
  • 大きな災害が起きたときに必ず自宅にいるとは限らないので、今この瞬間の判断が大切になると思う。
  • 多くの自治体の防災計画が、全職員が100%の力で対応可能、かつ行政分野においては人手が充分だという前提で立てられているように感じる。東日本や熊本の教訓を活かして、想像力を目一杯働かせた計画なら、地域防災力も活かせそうだ。
  • 千葉市は海に面している地域が多い。バリアフリーの津波避難ビルを設けてほしい。
  • 震災時には他の自治体から職員を受け入れる体制が必要だと感じた。 千葉市では震災時の他の自治体と派遣や連携の協力は進めているのか。
  • 災害時、市内の救援体制、水・食料の効果的配分方策、他県からの応援受け入れ態勢の確保方策はどうなっているのか。
  • 消防団の訓練は大変だし、何かあると休みが消え、命懸けで活動しなければいけない。加入して良い点はあるのか。
  • 消防団は地元の色が濃いため、移住者が加入しにくいイメージがある。
  • 消防団に加入することで高校、大学受験に強くアピールできるようにしたり、千代田区(ワテラスタワー)のように、地域で活躍する学生に対して家賃補助したりなどすると人気が出ると思う。

 

経済の活性化・特性を活かすまちづくりについて

(アンケート結果)

経済の活性化・特性を活かすまちづくりについて、皆さんが関心のある分野を教えてください。
  • 千葉氏、加曽利貝塚などの歴史の活用・・・9%(123人)
  • 海辺の活性化・・・・・・・・・・・・・・22%(302人)
  • JR千葉駅の建て替えなど千葉都心の整備・・44%(605人)
  • 国家戦略特区など幕張新都心の活性化・・・25%(344人)

 

(主な市長ツイート)

  • JR千葉駅西口については、今後B棟を整備し、JR東日本千葉支社跡地周辺が再開発された場合に大きく状況は変わる可能性があります。その場合、東口から西口に商業軸がシフトする別の課題が生まれますが。
  • 先日策定した千葉駅周辺の活性化グランドデザインにおいても先行整備案件として、西銀座(塚本周辺)の再開発を盛り込んでいます。
  • 海辺のアクセスの課題は認識しています。LRT(次世代型路面電車システム)にしろ整備するには相当の予算が必要となります。まずは公園が主体であったエリアに賑わい施設を導入していく中で、アクセスの課題を同時に解決していく必要があります。
  • 比較的順調に進んでいるので懐疑的になるのは当然かと思います。問題は「そろそろ行革の余地が少なくなってきた」「財政は良くなったけど、切り詰めただけで将来の投資が疎かになっていたとならないこと」だと考えています。
  • 加曽利貝塚は特別史跡指定だけでなく、アクセスの課題、遺跡自体の魅力向上が必要と考えており、費用対効果も見極めながら戦略を検討しています。皆さんのご意見を参考にさせていただきます。

(主な意見)

  • 千葉港の旅客船乗り場は素敵だった。
  • 海辺は見違えるほど活性化されたが、市内の有効利用のできていない空き地、例えば稲毛海岸の公務員宿舎跡地はどうなるのか。
  • 最近オープンした港の宣伝が足りていない。地元が盛り上がらないものを県外へアピールしても効果が期待できないと思う。
  • 海側へのアクセスが悪すぎる。ポートタワー、美術館、新しい港、QVCマリンフィールドには公共交通機関で気軽に行きたい。
  • 蘇我駅西口の先にある海辺の空き地は今後何かに活用される予定はあるのか。
  • 千葉港付近の、県立美術館や千葉ポートタワーの営業時間の見直しや送迎バスの充実をお願いしたい。せっかく立派な施設があるのにもったいない。
  • 千葉都市モノレール桜木駅を加曽利貝塚駅に改名するだけでも、モノレールへの誘導はできると思う。貝塚周辺を考えると、駐車場追加は難しいから、小型バス運行で対応できればいいのではないか。
  • 加曽利貝塚を特別史跡にした場合、観光客のために、道路も狭い、駐車場も少ない、バス停からも遠いという現状を変えて欲しい。・千葉=交通が不便、遠いと思い込んでいる人たちが沢山いる。千葉は都心に近く、海や里山の魅力が溢れた住み良い所だという事をアピールできればと思う。
  • ポートパークの海岸で貝を拾ってから加曽利貝塚へ行くというツアーを子ども会でやって好評だった。ちょっとした時間旅行と自然を楽しむことができる。
  • 千葉市の内陸にもっと目を向けるべきだと思う。
  • 千葉市の主要な地域だけでなく端の方にも色々と目を向けて欲しい。
  • 千葉は特徴をもたせにくい土地柄なので、ドローンのように「日本初」をどんどん誘致したほうがいいと思う。
  • 「ちばあそび」には楽しい企画が沢山掲載されている。もっと広く周知されるように都内のコンビニや駅に置いて観光客を誘致することはできないか。
  • 歴史といっても、すぐそこに江戸がある。海に行くなら木更津や房総まで行こうと思う。商業施設は駅前を頑張っても船橋や幕張には勝てないと思う。まだどこにもない、注目されてない部分を武器にするのが良いのではないか。
  • 正直、千葉市の魅力を発信するのに、歴史の活用や、海辺、幕張新都心の活性化など想像してなかった。市民である自分が「千葉市」を知らないなと思う。
  • 千葉駅西口の改札内にはエレベーターが無く、妊娠中出勤する際も大変だったし、出産後も子連れの際大変不便に感じている。肝心なところでバリアフリーが整備されておらず、残念だ。
  • JR千葉駅を建て替えても人の流れは変わらないと思う。それよりも幕張をどう生かすのか。幕張メッセ規模で出来るものの半数はビックサイトに取られている気がする。企業へのメリットがないと駄目だと思う。
  • JR千葉駅から千葉中央公園までの駅前通りは、塚本ビルを開発しないとどうにもならないと思う。
  • これからのまちづくりは、商業施設と住宅の一体開発だと思う。住宅で人口をある程度確保して、学校や病院なども併設できれば、1つの生活空間ができる。この経済集団ができれば、あとは交通システムで結ぶだけ。
  • パルコ閉店に伴う千葉駅周辺の活性化は急務かと思う。正直言って今でも決して賑わっているわけではない。パルコ周辺は魅力がない。
  • 千葉駅西口の再開発は、成功とは言えない状態だと思うが、今後何か施策はあるのか。
  • あまり長期計画だと、交通の便が発達している現在、都市離れが進むのではないか。
  • 市内から幕張新都心へ向かう交通の不便さを感じている。 幕張の活性化には、市民が通いやすいアクセスの改善を目指す必要があると感じている。
  • 幕張メッセ近くに日帰り温泉やスーパー銭湯があればいいと思う。モノレールと動物公園のセット券は安くて良いアイディアだと感じた。
  • JR東千葉駅が現在の千葉市民会館の位置にあれば、千葉公園、市民会館、JR東千葉~栄町,千葉神社~中央公園、きぼーる~県庁までが一直線の帯上に。半世紀前の千葉中心部の賑わいがこの流れにあったと耳にしている。
  • 千葉都市モノレールの延伸中止もやむを得なかったと思うが、さりとて現状は尻切れトンボで「使える路線」になっているともいえず、また幕張と千葉の連絡という課題も残されていると思う。
  • 住みたくなる、遊びに来たくなる、自慢できる街。やはり海浜幕張地区中心に湾岸エリアのさらなる活性化に期待したい。ドローンサービスを見たさに千葉に遊びに来る観光客が出るくらい特化してほしい。
  • 千葉駅~中央公園~旧センプラに、新しい商店街ができればと思う。
  • イオンモール幕張に、スーパー銭湯の計画があったそうだが、その計画が消えたころ、京成大久保にスーパー銭湯ができた。幕張メッセ~京成大久保が繋がれば、行くことができる。
  • 千葉にしかない専門店の集まりや、街にテーマが必要と思う。
  • イメージとしては、都内のガード下に新しくできた物作りの街や、旧センプラ周辺に多い中華料理店を生かした、ミニ中華街的なものをつくったらどうか。
  • 千葉市はやることが中途半端な気がする。モノレール・蘇我スポーツ公園・千葉駅西口再開発等々。責任を持った税金の使い方が必要だ。
  • 地域活性化の一端として、MICEについてはいかがか。主要な展示会の幕張メッセ離れは続いており、非常にもったいなく感じる。     

オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて

(アンケート結果)

オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて、皆さんが重視して欲しい分野を教えてください。
  • スポーツ振興、次世代アスリート支援・・・・24%(254人)
  • ボランティア育成など、おもてなしの向上・・13%(137人)
  • 開催を契機とした経済・都市の活性化・・・・44%(465人)
  • 障碍者スポーツの振興・共生社会の確立・・・19%(201人)

 

(主な意見)

  • ドーピング防止にスポーツファーマシストの認知度を上げていきたい。ドラッグストアでもドーピングにならない薬を購入できる体制づくりが必要だ。
  • オリンピック・パラリンピックで千葉市を訪れた人が気持ち良く過ごせるように、街のバリアフリー化と、案内ボランティアを充実させてほしい。
  • 2020年に向け、千葉市が東京と世界の連結役になってほしい。アニメの聖地やMICEやレッドブル・エアレースのようなイベントなど千葉市の地政学的価値は上げられると思う。
  • 幕張メッセでパラリンピックができるのか疑問だ。幕張メッセ内はバリアフリー化されたトイレが少ないし、普通のトイレは階段があって車いすでは使用できない。また、駅周辺も、道が凸凹であったり階段が多かったりとバリアフリー化ができていない現状だ。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)