ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市長の出前講座 > 平成29年度市長の出前講座開催結果 > 【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(千葉セントラルタワー管理組合)

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(千葉セントラルタワー管理組合)

  • 開催日時:平成29年11月5日(日曜日)13時00分~14時00分
  • 開催場所:千葉セントラルタワー1階ロビー
  • 開催団体:千葉セントラルタワー管理組合
  • テーマ:平成28年度決算とこれからの千葉市<資料(PDF:6,156KB)
  • 参加人数:58人

千葉セントラルタワー管理組合の実施風景テーマ資料の画像

ムクドリの対策について

(参加者)

ムクドリの糞による被害が大きい。対策として、猟友会に駆除してもらったり、高い木を切って低くするなどの方法があると思うが、どのような対策を考えているのか。

 

(市長)

周辺都市の実績及び科学的知見を理解し、駆除したとしても、ムクドリを呼び寄せる環境自体を変えないと意味がないことが分かっている。そのため、ムクドリの生体を理解したうえで、増加する要因を減らすほか、共存の道を探る事も大切だと思う。

また、高い木を切ることについては、地域全体の合意などがなければできないので、ご理解願いたい。

千葉都心の再開発について

(参加者)

近年、千葉市の事業が幕張新都心周辺に集中している気がする。

千葉都心について、今後、どのようにしていきたいのか話を聞きたい。

 

(市長)

本市は、千葉都心の再開発についても重要視している。特に、JR千葉駅東口の再開発が重要である。三越千葉店や千葉パルコがなくなり、今後JR千葉駅の南口で再開発が行われることによって、将来的に、西口と南口が商業の軸となり、東口に人が集まらなくなることも想定される。

東口も生き残らせるためには、千葉神社周辺を生かした街づくりや、平成28年3月に策定した『千葉駅周辺の活性化グランドデザイン』に基づいた再開発などに、地元の商業者及び地権者などが積極的に取り組んでいただけるかが大事だと思う。本市としても、最大限の力を生かして、支援をしていきたい。

JR京葉線・東京臨海高速鉄道りんかい線の相互直通運転について

(参加者)

JR京葉線・東京臨海高速鉄道りんかい線の相互直通運転について、市長の考えを聞きたい。

 

(市長)

相互直通運転については最大限の努力をしたいと思っている。将来的には羽田空港に直接行けるようになったり、りんかい線を経由して新宿や渋谷にも直接行けるようになるなど、利便性が大きく変わっていくと思う。

ただし、相互直通運転をするにはりんかい線の運賃収受が課題である。課題を解決するためには、東京都とJRに協議してもらう必要があるため、高度な判断を国にも協力してもらい、東京都とJRで話し合ってもらえるように努力する。

まちなかの花壇について

(参加者)

きぼーるの交差点にある花壇は、花をきれいに植え替えしているが、千葉セントラルタワー前の交差点にある花壇は、いつも緑一色の植木しかない。なぜ場所によって差がでるのか。また、市の協力は得られるのか。

 

(市長)

地域にある花壇の管理等は、地域住民が主体となって行っていることが多いため、自治会長などに相談していただけると、実情が分かると思う。市は特定の地域だけを優遇して税金を使うことはできないので、地域の方々が主体となって管理していると思う。

また、本市では団体に対して花苗の提供を行っている。希望する場合は相談してほしい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)