ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ツイッター版対話会 > ツイッター版市長との対話会(平成30年2月7日)開催結果

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年5月25日

ツイッター版市長との対話会(平成30年2月7日)開催結果

日時:平成30年2月7日(水曜日)21時00分~22時30分
総ツイート数:231件(市長のツイート含む)
発言者(アカウント)数:62人(RTのみのアカウントを含む)
テーマ

主なツイート内容

ハザードマップについて伺います。千葉市では平成29年、新たな地震被害想定調査を行い、地震ハザードマップを各戸に配布しましたが、皆さまはご覧になっていますか?回答いただくとともに、各種ハザードマップに対するご意見などもお寄せください。
  • いつでも確認できる場所に保管している・・・・・・・22%(140人)
  • PC等で確認できるようにしている・・・・・・・・・・10%(64人)
  • 配布された時に見たが、紛失した・・・・・・・・・・27%(172人)
  • 配布に気づかなかった・・・・・・・・・・・・・・・41%(260人)

(主な市長ツイート)

  • 地震ハザードマップについて、紛失された方・配布に気づかなかった方が7割以上という現時点でのアンケート結果です。千葉市では『防災ポータル』(https://t.co/xN8fbJHqIM)などで各種ハザードマップを掲載していますので、ぜひ事前にダウンロードし、ご確認ください。
  • 千葉市では以前から福祉避難所、拠点的福祉避難所について整備をしています。詳しくはこちらをご覧ください。(https://t.co/nyPQukq5n9
  • 居住地の自治体で速やかに災害業務に携われるかと言われると、おそらくその人の対応にマンパワーが割かれてしまい、結局ある程度の時間で登庁できるのであれば、そちらが有効と考えられます。
  • 招集については、訓練を定期的に実施しているほか、システムを活用し、職員がどの程度の時間で招集可能か、把握できるようにしています。この点は常に最悪を想定し、対処していきます。
  • 市民会館は耐震強度を満たしており、かつ、天井についても耐震補強工事を行いました。ただ、10年ほどで耐用年数が来るため、いずれ大規模改修か建て替え等を検討する必要があります。
  • 震災の教訓を受けて、各避難所にメッセージボード等を準備しているほか、各種障害を意識した訓練等を実施することとしています。ここは非常に重要な視点で、各避難所において徹底されるよう、常に意識し続けることが必要と考えています。

(主な意見)

  • 現時点で約50%が配布にすら気づいてないっていうのは、啓蒙の方法を変えた方がいいということでしょうね。
  • 紙媒体で配布されたものを見た記憶がない。ホームページは一応見た。
  • 千葉市は、福祉避難所を開設する計画はありますか?福祉会館など、予め障害者向けの施設を避難所にすれば、バリアフルな体育館などで、苦痛を強いられる事もないと思います。
  • ハザードマップ自体はあまり何度も繰り返し見る必要性を感じないのですが、時々思い出したほうがよいのでしょうか?
  • 千葉市外民だが、買物とかで被災することもあり得るから情報は知っておくべきか。
  • 千葉市は津波対策をどう考えているのか教えてください。
  • ハザードマップなど、普段から震災に関し意識している市民は老若男女問わず見ていると思いますが、大半の市民は意識せずハザードマップさえも知らないという方が多いのではないでしょうか。もっと、震災に関してセミナーなどをひらくなり、積極的に実施した方が良いと感じます。
  • ここ数年で実際に浸水被害がある千葉市内の地域が洪水ハザードマップに記載されていないので、あまり信頼性が感じられない。
  • ハザードマップ全く知らない。
  • ハザードマップは自助意識の高い人が能動的に求める情報かと思います。意識のない人にまで浸透させる防災が自助のベースアップになるんじゃないでしょうか。
  • 津波のハザードはもう2~3mほど高めで想定してもいい気がする。
  • エリアメールでハザードマップのリンクも一緒に送ることはできませんか?(市HP大量アクセス集中を避ける為に別建てにするとか)
  • ハザードマップを見せられて危険性を知らされても、じゃあ、具体的に何をしたらいいか繋がらない。食料備蓄もマンションだと取りに戻れるのか不透明。
  • 地震ハザードマップって何ですか。その存在をはじめて知りました。
  • 公務員の友人に聞いた話ですが、非常時に職場へ行かなければならないが、実際片道1時間以上の電車通勤では現実的でない。広域災害の場合は、居住地の市役所の職員として勤務に就くような仕組みはないんだよねとのこと。
  • 大震災のような、復旧に相当の時間を要する災害は、職員も被災者となりますから、やはり居住地から離れるのは、難しいかと。そのためにも、ある程度の同一の指針があるといいですね。
  • 耐震化といえば、建築から40数年経っている千葉市民会館は耐震補強されているのでしょうか?また、政令指定都市で千人しか入れない市民会館しか持っていないのは千葉市だけかと思うので、千葉駅周辺の再開発時に駅前に移転されたらどうでしょうか?
  • 帰宅困難対策というのもわかります。だとすれば、千葉駅周辺や海浜幕張周辺などの場所に一時避難場所を作る方がいいのではないかと思っています。また、その周辺の小中学校を建て替えようという話を聞いたことはありません。自分が知らないだけかもしれません。
  • 千葉共同指令センターのバックアップ機能もあっても良かったかと。東葛地域を除いた千葉県内の119番は千葉市消防局で受電していますしね。
  • ちばレポで、災害危険箇所の機能を追加できないのでしょうか。スマホで地域の防災が分かりやすくなると思うのですが。
  • 熊本地震の時もそうでしたが。公共施設の耐震化は大切ですが避難所での携帯電話などの充電や公衆無線無線LANの整備はされているのか?また、どの施設に無線無線LANが設置されてるか情報が知りたいです。
  • 聴覚障害者にたいして情報支援はどう考えを聞かせていただきたい。東日本大震災では阪神大震災や諸災害の教訓を生かされなかったようでした。災害がおきれば情報がどうしても音声で解決したがります。(忙しくなり、気持ちの余裕がなくなりがちでできないと)
  • 学校が廃校になってマンションに姿を変えているのを見ると、また一つわかりやすい避難場所が消えたんだなと思います。学校、市民センター、ホールなどはわかりやすい避難場所、真っ先に思い浮かぶ場所でそれはとても大切だと思います。
  • 実家が東日本大震災の被災地でもある陸前高田市なので、防災に関する話は気になります。震災時の映像で道路渋滞が発生しているのを見ましたが、普段から市民へ電車やバス等を使う等の啓蒙と災害時の避難誘導に対する公共交通機関との協力体制の整備も必要ではないでしょうか?
  • 防災の件で。学校が避難場所や避難所に指定されていて運営管理者が学校長または代理人になっている以上、大地震発生時に開門し運営管理者となる先生をどの学校も徒歩10分くらいで通勤できるところに住まわせるほうがよくないでしょうか?

自助の一つとして家具転倒防止対策があります。阪神淡路大震災でも多くの方が家具の下敷きとなりました。私も背の高い家具は購入せず、防止対策も徹底しています。以前のインターネットモニターアンケートでは実施率が17.7%と低い状況でした。皆さまの対応状況はいかがでしょうか。

  • 実施している・・・・・・・・・・・・・・・・・・42%(336人)
  • 重要性は知っていたが、実施していない・・・・・・47%(375人)
  • 意識したことも無かった・・・・・・・・・・・・・11%(88人)

(主な市長ツイート)

  • アパートの原状回復義務については、重要な視点ですね。宅建協会等と協議し、転倒防止対策への貸主の理解について求めていきたいと思います。

(主な意見)

  • 背の高い家具転倒防止はしていますが、テレビは未対策でした。
  • アパートに住んでいると、原状回復義務があってネジ止めも出来ず、突っ張り棒も天井や床の強度で微妙なのが現状です。条例で防災の為の家具ネジ止めによる壁の破損は、借主に現状回復義務無しとしてもらえると助かります。
  • 背の高い家具は捨て、必要最低限な質素な生活をするようになりました。
  • 100均でも転倒防止グッズは売ってるので、知っていました。ただ、いくつ要るのかとか実際取り付けるのがどうにも面倒でなかなか。
  • 転倒防止グッズを実際に試せるショールームとかあれば良いのかなあ?
  • 東日本大震災の時、震度5強の揺れを体験し、家具やテレビなどの転倒防止策の必要性を感じました。なので、全部の部屋の家具に対策をしております。
  • 「自分の背丈より高いものは置かない」これが一番の対策だと思います。
備蓄についても伺います。発災後、数日間(最低3日分、できれば1週間分)を自足できるよう準備することが望ましいとされ、日頃から自宅で利用している食料品や日用品を多めに備えるローリングストックなどが推奨されています。皆さまの備蓄状況はいかがですか?
  • 1週間分の備蓄をしている・・・・・・・・・・・11%(104人)
  • 3日分の備蓄はしている・・・・・・・・・・・・48%(451人)
  • 備蓄について考えていなかった・・・・・・・・・41%(386人)

(主な市長ツイート)

  • 千葉市ではイオンを含め流通・小売等と災害協定を締結し、災害時の物資供給を図っています。震災後はより協定の範囲を広げ、倉庫協会等のロジスティックの部分でも備えをしています。
  • ローリングストックのような形で自然に備蓄することが無理のない準備かと思います。

(主な意見)

  • 備蓄があればなあとも思うが、めんどくさくて全く用意する気になれない。いざというとき困りそう。
  • イオンという流通大手がありますが、災害時に千葉市以外の店舗などから、物資を供給される、もしくはお店を一時的に開放するなどが考えられると思います。
  • 食料とともに大事にしたい生理用品。これが足りないストレスって相当だろうな。
  • 食品の備蓄も大切ですが、トイレの準備も必要ですよね!流せなくなった時本当に困るので。
  • 食料の備蓄は、特に水は注意してるかな。アパートの構造の問題もあるけど。ミネラルウォーター6本以上は常備して、日々消費しつつ補充してます。
  • 備蓄品、あるにはあるけど、全部賞味期限切れてそう。家帰ったら見てみようかな。
  • 3日の備蓄が必要なのは、72時間は人命救助を優先されるから。3日後に、確実に救援物資が行き渡るとは限りません。ローリングストック含めて1週間程度の備蓄が必要であることを、ぜひ行政として強調いただければと思います。
共助について。阪神淡路大震災では倒壊家屋からの脱出は消防・警察等の救助はわずか1.7%、98%が自力or近所の助けを借りて、でした。共助の重要性は大災害の度に再確認されており、市も各種支援をしていますが、自治会、自主防災組織等の防災活動に皆さまは参加されていますか?
  • 参加している・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12%(77人)
  • 自分の住む地域の活動は知っているが不参加・・・・・・・26%(168人)
  • 自分の住む地域には防災組織や活動が無い・・・・・・・・6%(39人)
  • 防災組織や活動があるかも分からない・・・・・・・・・・56%(361人)

(主な市長ツイート)

  • 公助の限界を行政が言うのは「何のために税金を払っているのか」と言われるリスクがあり、難しい面もありますが、実際に大災害を経験した自治体では行政が「私たちは皆さんのところに助けに行けません」と明確に言っているケースがあります。私は真摯に言うべきだと考えています。
  • 確かに自治会によっては形骸化している地域もありますが、それを嘆いていても状況は変わりません。何らかの形で地域における助け合い活動ができる素地は必要ですし、市はその支援制度を持っていますが、住民自身が動く必要があります。
  • 避難所運営委員会を市は各避難所ごとに設置することとしており、その訓練の中で開設訓練などは実施可能です。
  • 千葉市では各種防災資格やスキルに関する講習会等を用意し、普及を促進しています。

(主な意見)

  • 資料を見て感じる公助の限界を意識すると、家族が生き延びるためにはどうしよう、そのためにどうしようって自助の備えに繋がる気がする。そこの意識付けだよな。
  • マクロである自助が機能するようになれば地域が強くなると思います。地味ですが、啓蒙が大事って結論はひとつあると思ってます。
  • 自治会はあまり期待できないな。かなり老害化してる。
  • 共助については阪神淡路大震災でも、東日本大震災でも必要性が確認されました。マンション住まいなので防災活動に参加しています。自助と合わせて、マンション全体で協力する体制が大切かと思っています。
  • 去年に防災ライセンスを取得し、避難所運営委員会にも携わることになりました。自分なりに自治会などを活用してフィードバックする事を考えています。
  • 防災の視点で、打瀬の路上駐車はそろそろ真剣に対応する必要があると思います。消防車が近づけなかった場面に遭遇しています。その時は幸いボヤでしたが。
  • 自治会の防災活動も、普段都内に通勤してると時間的に正直キツイです。平日が仕事で完全に潰れるから、どうしても土日は私事に使わざるを得ないです。
  • 避難所を開設するところから、一晩泊まってみる訓練をしてみたいのですが、市でイベント的にできませんか?
  • 東京消防庁のような災害時支援ボランティアの方が良いと思う。
  • なんとなく自治会が基本だろなと思いつつ、そこに抵抗あるのなら、もう危機感持ったひとから動いて別の防災に特化した組織作るのもありかも。でも防災に特化するには普段の付き合いが重要ってことに気づいて、結局は自治会みたいな組織に落ち着くんだろな。
  • 1月5日、緊急地震速報(誤報)があった時、中央区役所に住所変更のためにいました。速報が来ても職員の方は何も指示を出してくれませんでした。地震速報がきたら何かしらの指示を出した方が良いと思います。
  • 自治会という村が形成され、なかなか活動しにくい状況もあります。
  • 防災組織≒自治会+小中学校のPTAみたいなトコがあって、訓練などの活動が完全にその器量に左右されてしまうように思えます。
  • 自宅マンション組合で防災訓練を主催しましたが、東日本大震災の時のことを考えると、完全に形だけの無意味な訓練と言わざるを得ない状況です。より現実に即した訓練をするには素人だけの知見では難しく、住民と行政の協働が不可欠と思います。
  • 防災に関しては、結局のところ個人の意識につきる話だと思います。個人の意識をベースアップするための施策を行政が打てたら、本当に強い市になるんじゃないでしょうか。そういうアプローチが打てる行政、面白いと思います。
  • 万が一のとき、どうしても中央、美浜、稲毛あたりに情報や物資が集まりそう。内陸部にも平等に支援をお願いします。
  • 公表されている千葉市指定緊急避難場所・指定避難所一覧をみてみた時、稲毛高校の収容人数は、前者の場合13,050人、後者の場合2,430人となっています。しかし、後者の人数分の避難グッズ等が稲毛高校に備蓄されているかというと、そうではないようですが。
  • 東日本大震災でもメッセージボードを使った地域はありましたね。しかし、心配なのは文章の読めない聴覚障害者や、盲聾者に対してはどうしましょうか。やはり自助共助すべきか。
  • 自助・共助の観点で防災士という資格がありますが、その資格の普及を広めるとかどうなんでしょう。
新庁舎整備について。防災拠点として求められる耐震強度を満たしていない本庁舎のあり方について東日本大震災以降、基礎調査⇒第三者評価⇒基本構想⇒基本計画⇒基本設計と丁寧に段階を踏み、平成29年末に建て替えを決定しました。皆さまはどの程度ご存じでしょうか。
  • よく知っている・・・・・・・・・・・・13%(89人)
  • ある程度知っている・・・・・・・・・・29%(200人)
  • あまり知らなかった・・・・・・・・・・58%(400人)

(主な市長ツイート)

  • 耐震補強や民間ビルの賃貸等、あらゆるパターンについて外部評価を行い、55年のライフサイクルコスト、防災面等の機能において最も効果的である手法を選択しました。分散化し、民間に億単位の賃借料を支払っていること、老朽化した庁舎を使用する維持コストを考慮ください。
  • 新庁舎整備では災害時の業務継続機能、狭隘化・分散化している執務室の統合による業務効率の向上やコスト縮減、バリアフリー化や環境面での配慮、周辺のまちづくりへの寄与、市民活動の支援などが期待されます。コスト縮減は基本として皆さまの求める内容についてお聞かせください。
  • 消費税、さらには熊本地震を受けて国が時限的に導入した市町村役場機能緊急保全事業によって補助が受けられることも考慮に入れながら、最小コストで整備するよう努めます。
  • 本庁舎整備と並行して、危機管理センターを整備し、情報収集と発信についてさらなる強化を図っていく考えです。
  • 各区役所は政令市移行時に整備しており、耐震強度を満たしています。私たちはこの間、耐震強度を満たしていない市有施設について順次耐震化を進めてきました。残った大きな課題がこの本庁舎なのです。
  • 中央コミュニティセンターについては耐震強度を満たしておらず、近いうちに何らかの対応(除却も含めて)が必要と認識しています。本庁舎整備に伴い、コミュニティセンター内の部署が新庁舎に入りますので、そのタイミングが一つの節目です。
  • 業務継続機能は基本中の基本です。エネルギー関係は万全の備えとなるよう、整備にあたっては意識しています。

(主な意見)

  • 防災の観点で準備や備えが必要なことは良くわかります。その話と市庁舎を建て替えるという話には乖離があるように思えました。他に防災の面で取り組むべきことはないのでしょうか?また、総事業費307億円は全体からみて高いのか安いのか教えてください。
  • 政令指定都市、千葉市役所の新庁舎に期待しています。
  • 新庁舎のレイアウトで非常時のボランティアスペースが設定されていますが、これは災害ボランティアセンターのイメージでしょうか。
  • 新庁舎の話は今回の資料を見るまで知りませんでした。確かに何年もかけて丁寧に準備されていると思います。ただし、防災拠点の話から箱物を新しく作るというのがどうかなと思います。古いまま補強や耐震工事ではダメだったのでしょうか?
  • 今の市役所に用があって入ったことがあるが、あまりにもボロい。地震が来たら逃げ出さないと危ないと感じた。あまりにも立て替えが遅すぎたと思う。
  • 震災時には「防災部門が被災する」という事態があったと思います。建て替えの市民合意は得られていると思いますし、建設自体はもうさしたる問題ではないと思います。それよりかは、緊急招集がきちんと機能するか気になります。有事には職員も被災者です。
  • 市役所が潰れて職員が要救助者になったら話にならない。
  • 最悪の事態を想定して、帰宅困難者の一時避難所としての機能も欲しかったんではないでしょうか。
  • 新庁舎は資料を拝見する限り、フルフルスペックだな!という印象でしたが、今から建て直すならフルフルスペックにするべきと考えます。
  • 今回の資料で詳細な構造を把握しました。どうしても数字が先に踊ってしまう感が。
  • あんな市役所で働いている職員がかわいそうだった。
  • 新市役所のイメージ絵で市民が一杯いるように見えますが、普段市役所ってこんなに人います?
  • 港が近いですよね。津波とまでは、行かなくとも防水対策は、どうお考えですか?
  • 市庁舎は自治体の核となる施設。費用がかさんだとしても予想されうるすべての災害に耐えられる構造にすべき。それこそ、たとえミサイルが飛んでこようとも中核は残るようなシェルター感覚くらいでもいい。
  • 新庁舎は賛成だけど、各区役所とかも防災拠点になると思うのですが、そっちの耐震性とかは大丈夫でしょうか?
  • 現在の市役所は海に近いのが気になります。大規模災害時は若葉とか花見川の区役所に本拠を移すようなことも考えられていますでしょうか。
  • 「情報がない」これが、災害時に最も市民が懸念することだと思います。情報発信のためのインフラとして庁舎が十分に機能するのか?ハード面はそうした「情報の集約・発信」機能に予算をかけるべきと思います。少なくとも「ホワイトボードに書きまくる」はもう厳しいのでは。
  • 職場って、そもそも働きやすい(防災面含めて)ということが大前提だよな。
  • 新市庁舎の構想では、市民ホールがあるのですね。千葉市民会館もありますが、新市庁舎にもホールを作るというのは何か理由があるのでしょうか。
  • 市役所が港に近いこともあるので、万が一のときに市の業務が停止しないようBCPというか、訓練も含めて準備したほうがよいと思います。
  • 新庁舎は災害時の業務継続を優先すべきですから、新庁舎そのものを避難所(駆け込み寺)と考えてはいけないですね。まずは、自助。
  • 公衆無線LANを何時でも設置できるように準備願いたいです。
  • 市役所本庁って、市民はあまり行かないです。区役所がほとんど。何が何処の庁舎にあるのか、わかりにくいです。中央区住んでいるのに、税金は若葉区役所とか。
  • 非常時は、イベントスペースで情報提供とありますが、最低限の執務(PCなど)に非常電源だけでは、賄えないのではないでしょうか?もちろん、市民への情報提供も大事ですが、電力が十分とは思えません。
  • 千葉駅周辺や海浜幕張駅周辺も大事ですが、千葉みなと駅周辺もマンションが増え、老若問わず住人が増えています。工場も多い地域なので勤め人も多く、今の市役所が防災拠点機能を有するのは大変力強い事だと思います。
  • 内陸部は孤立する可能性がありすね。
  • 市長を先頭に職員・市民の一団を組んで国内外の庁舎を視察したらどうでしょうか。決して無駄ではないし、今からでも遅くないと思います。
  • なるほど判りました。市のいろいろな施設の耐震強化をすすめ、最後に残ったのが、本庁舎ということですね。本日の資料にも、その辺りの情報を事前に含めていただけると良かったかと思います。
加曽利貝塚について。平成29年10月に貝塚として初、千葉県初の特別史跡に指定されました。特別史跡は「我が国文化の象徴たるもの」が指定され、姫路城・平城宮跡・登呂遺跡等、全国で62件しか指定されていません。皆さまの受け止めをまずお聞かせください。
  • 加曽利貝塚の価値を知っていたので嬉しい・・・・・・・・・・・29%(264人)
  • 指定されて、初めて価値を理解した・・・・・・・・・・・・・・21%(192人)
  • 指定は知っているが、価値はよく分からない・・・・・・・・・・28%(256人)
  • 指定されたことも知らなかった・・・・・・・・・・・・・・・・22%(201人)

(主な市長ツイート)

  • おそらく貝塚を「ゴミ捨て場」と考える方が多いのでしょう。考古学上、貝塚は極めて重要であり、かつ加曽利貝塚はムラ遺跡です。集落部分の価値が大きいことを市民も含めてご存じないのではないでしょうか。吉野ヶ里や三内丸山も恥ずかしいとお考えであれば、それまでですが。
  • 歴史とは単なる懐古趣味ではなく、その歴史が生まれた必然を理解すれば、その都市が持つ固有の地理的優位性等が明らかとなり、都市戦略にも生かしていけます。日本は歴史が戦略的に生かされていないと感じます。

(主なツイート)

  • 貝塚がカッコいい感じでもないし、人も呼べそうにはない僻地だから税金投入するのやめてほしいとしか思えない。千葉市のアイデンティティがどうのって言われても、恥ずかしい感じしかしない。
  • 貝塚はもともとはゴミ捨て場でしたかね。
  • とにかく「ゴミ捨て場」のイメージというか、実際に学校ではその価値をしっかり教わった記憶はありません。パッとしないイメージの形成には、地元教育界の責任もあると思っています。
  • 子供の頃から慣れ親しんだ加曽利貝塚が指定遺跡となり大変嬉しいです。より多くの方に訪れてほしいですが、公共の交通機関で来る場合、かなり不便なのが気がかりです。バス停からもモノレールの駅からもかなり遠い。加曽利貝塚を結ぶシャトルバス等、構想はあるのでしょうか。
  • 結局、加曽利を観光地として活かしたいのでしょうか?それとも特別史跡として後世に残し、歴史教材として活かしたいのでしょうか?またその両方ですか?
  • かそりーぬのおかげでだいぶ千葉県民にも知られてきたと思いますが、まだネタとしてイジりが難しいかと。
  • 特別史跡になって建物の制限等が出て来たようだが、施設を充実させて人を呼べるようにしたい。
  • 観光地とするなら栃木県佐野市の古代生活体験村のようなものを作ってみてほしい気がする。
  • 他の方も言っている通り、ゴミ捨て場的恥ずかしいイメージが強い気がします。三内丸山は一度行きましたが良かったです。貝塚ってのが厳しいのかも。歴史的価値は素晴らしいとは思いますが、千葉市のアイデンティティにはしないで欲しいと思いました。
  • 静岡の登呂遺跡みたいに、町中でアクセスも良ければいいけど、加曽利貝塚は立地も他の観光施設との接続も良くないので正直魅力発信は厳しいのが現実ではないかと。
  • 私は地元だからかもしれませんが、小学校では遠足や絵を描く会でしばしば加曽利貝塚を訪れていました。地層や竪穴式住居を間近で見られたことは、その後歴史に興味を持つ大きなきっかけとなりました。加曽利貝塚は千葉市民として誇らしいです。
  • 加曽利貝塚は確か「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」でも登場していたはずなので、県民市民にとって「千葉市を語るネタ」となるよう、特別史跡の責任と可能性を柔軟に考えられれば良いですね。
  • 千葉県立博物館では特別史跡になったと言う事で特別展をやっていますね。期間は短いですが見に行きました。
  • 三内丸山は観光地化していますね。
  • 千葉市国宝で検索すると無いです。加曽利貝塚だけですか?あまり存じなくてすみません。
私たちは特別史跡指定をゴールではなくスタートと捉え、発掘調査などによる縄文文化の調査研究拠点となり、その成果を市民等に広く発信するとともに、体験型の学習観光施設を目指してハード・ソフト両面で充実させていく考えです。皆さまが期待する分野を教えてください。
  • 専門的な発掘・調査による縄文研究の拠点・・・・・・・・・40%(256人)
  • 市民も参加しての遺跡発掘・発表会・・・・・・・・・・・・22%(141人)
  • 魅力的な縄文体験メニューの充実・・・・・・・・・・・・・26%(167人)
  • そもそも加曽利貝塚や縄文に期待していない・・・・・・・・12%(77人)

(主な市長ツイート)

  • アクセスの改善についてはグランドデザイン策定でも検討することとしています。また、これはニワトリか卵か、という話にもなりますが、価値を高め、集客力を高めてこそ、アクセス改善も活きてくるかと思います。
  • 日本で最も貝塚が多い千葉県・千葉市であり、大規模な住居跡も含め、それはテクノロジーが発展する以前に、この地が最も食料資源が豊富で温暖等の気候も含めて暮らしやすい環境があったことを示しています。天産の国であることに誇りを感じないことが他県出身の私には不思議です。
  • 魅力的な体験メニューの充実や、PR等においては教育委員会では困難であり、民間とのコラボが必要と考えています。
  • 首都圏、かつ高速道路IC近くである時点で、本当はかなり有利なんですけどね。そう悲観することは無いと思いますよ。
  • 私も含めて考古学を少しかじると貝塚は非常に重要と分かるのですが、一般の方々が貝塚の価値が正しく認識されていないのは、日本で最も貝塚が集積している千葉市が貝塚の価値を正しく認識し、発信して来なかったからに尽きると思います。
  • 縄文の価値について誰よりも千葉市民が知っていなければいけません。教育委員会も本腰を入れつつあるので、是非ご期待いただけたらと思います。
  • 坂月川など原風景を残してきた周辺エリアも含めて一体的な構想が必要と認識しています。
  • 関連する博物館等との連携は重要と認識しています。なお、千葉市美術館と川村記念美術館(あとはホキ美術館など)は定期的に連携バス企画を実施しています。
  • 学術的な魅力だけでは人は来ません。本質的な部分を大事にしながらも、ギャートルズ的なワクワクする古代への興味を引けるような仕掛けも同時に考えていかなければいけません。

(主な意見)

  • 特別史跡は、私のような障害者や高齢者に対して、バリアフリーなどの対応はありますか?もう何十年も前ですが、小学校近くで遺跡が発見された時、ご厚意で車いすでも遺跡が見れるように、配慮していただいた事は、その後の人生に大きな影響になりました。
  • 加曽利貝塚について。国内外にPRするならばアクセスの悪さや周辺の盛り上がりの無さを改善してほしい。例えば都賀駅ひとつ取ってもどこにも加曽利貝塚のことが書いていない。本当に貝塚があるの?という感じです。
  • 石鏃の弓矢で千葉市新人古代ハンター入門セミナーがあったら参加してみたい。
  • 先日、発掘調査現場のふるいかけ体験がありましたよね?ああいう企画を今後も期待します。
  • 縄文文化は貝塚ばかりではございませんよ。沢山の遺跡がそこらじゅうにあります。
  • 加曽利貝塚は人間や動物の骨が出てくるというのが重要と思う。三内丸山に行ったときは骨がないから当時の生活など良くわからないと言っていた。
  • 周知のとおり、貝塚からは人骨や飼い犬の骨も出土していますから、単なるゴミ捨て場ではないはずなんですけどね。
  • いやゴミ捨て場が大変な貴重価値を持つ。
  • 貝塚に関しては、そもそも市が歴史的な遺産としたいのか、観光収入としたいのかによって話が違うと思うし、後者ならちゃんとプロモーションの会社挟んだ方がいいと思う。
  • 「貝塚≒ゴミ捨て場」というのは暗記タイプの教わり方だったからかと。貝塚があるから別に恥ずかしいとかは感じないけどなあ(ちなみに千葉県は全国一の貝塚数だったはず)。
  • 選択肢にないですが、加曽利貝塚が聖地になるような漫画、アニメの作成がいいです。
  • 体験型の学習観光施設を目指せるに越したことはありませんが、いかんせん、住宅地に近いし、道も広くありません。近所の方にとってはこれまでの生活環境が失われるのではないかと心配です。
  • 現状、貝塚だけでの魅力はまだまだな印象。その意味で市民向けというよりも研究開発拠点として日本や世界からその分野で着目される場になって欲しいです。
  • あまり学術界のことはわからないのですが、こうした価値をメジャーにするには一種のロビー活動が必要だったのでしょうか。キーマン達の一部でも関心を持てば、今のような「ゴミ捨て場」のイメージがここまで根付くことはなかったように思えるのです。何か根深いものがありそうな。
  • 加曽利貝塚だけでなく、千葉市は貝塚が全国で最もたくさん発見されているところだと縄文時代研究講座で教わりました。
  • アニメとかそのような品格しかないものは直ぐに廃れます。
  • 貝塚は恥ずかしいどころか研究価値満載。観光と研究価値の両面で進めていったらと思う。
  • 貝塚を単なるゴミ捨て場と切り捨て歴史的価値を見いだせない人が多いなら、教科書を改編するアプローチした方が早いんじゃないでしょうか。
  • そもそも加曽利貝塚自体、まだまだ調査が行われていないそうですね。熊谷さんが市長になられて、今のような機運が生まれたのかなと思っていますが、その点とても感謝しています。
  • 土曜休日に1往復でもいいので、千葉県立中央博物館~加曽利貝塚~佐倉の国立歴史民俗博物館にバスを走らせたらいかがでしょうか?また今回の座談会と関係ないですが、千葉市美術館と川村記念美術館との間にもバスの便があったら、便利かと思います。
  • ゴミ捨て場のイメージがある「加曽利貝塚」が実は、縄文時代からの遺物として保存状態も良く歴史的に貴重な遺跡だということをもっとアピールしないといけないと思いました。きっと興味がない人は「ふ~ん、そうなんだ~」なんでしょうね。
  • 縄文の特別史跡は4つなので持ち回りで研究発表会などを市民向けに行っても良いのでは。千葉氏サミットのように。
  • あれだけの貝塚があるのだから、原始技術史などを千葉市内全小学校でカリキュラムに組み入れてみては?和光大学名誉教授岩城正夫先生などに協力を依頼してみては?岩城先生は古代発火法検定協会なるものを組織していて、神奈川の子どもたちは火起こしの方法などを学んでいます。
  • 千葉大学や美浜の学術地区が市内にある地の利を生かして、高度な研究をしてほしいですね。基礎研究軽視といった昨今の風潮もさることながら、「役に立つ」「立たない」ではなく、人が持つ知的欲求を純粋に満たす研究を、より活発にしていくための基点にしてほしいです。
  • 坂月川接するところには、村から東京湾へと行き来する船着き場と想定されるところがあるとか、さらに充実した公園として整備できる余地があるように思いました。
  • もはや貝塚とかいろいろ関係ないけど、加曽利貝塚でギャートルズの骨付き肉が食べれられたら幸せって思った。
  • モノレールの桜木駅を加曽利貝塚駅に改名してはいかがでしょうか。少なくとも、時刻表に載ります。
  • 結局観光に活かしたいのか、あくまで研究拠点、材料なのか。方針が見えない。観光産業として活かさないのならら今の千葉市の財政状況で税金を投入するべきなのだろうか。
  • 今まで加曽利貝塚の事なんて千葉市は何もアピールしてきませんでしたから。
  • 地元が誰もその価値を理解せず、「千葉城」というナンチャッテ郷土施設を作ることにまい進していたのですから、その反省は必要だと思います。
  • 小学生の娘がかそりーぬグッズがもっといろいろあるといいと言っています。
  • 海辺が民間活力を持ってこれまでのイメージから変わり始めているように、歴史文化的に価値のある貝塚にもそのような動きが出でくると将来にも期待できそうです。貝塚の性格的には難しいかもですが。
  • 小学校での「わたしたちのちばし」といった地域の副教科書は、あるのでしょうか。あるなら、加曽利貝塚は書かれているのでしょうか。
  • 貝塚を学校の体験的な学びにということでしたら、千葉市内は各地に大小貝塚がたくさんありますから、そちらも大切にしていくのがよいかと思います。近所に園生貝塚がありますが、リアルゴミ捨て場になっています。
  • 加曽利貝塚、千葉氏、オオガハス、海辺を観光資産に位置付けてるけど、市内で偏りがあるなと。全く恩恵に預かれない地域の人は、より関心が薄れそう。
  • わくわくといえば、例えば佐倉の歴史民俗博物館もリニューアルや企画展示、講演会などその活動が活発で大いに参考になると思います。歴博によれば、展示内容も日々微妙に変えているとのこと。貝塚も民俗的な遺構の一種ととらえれば、歴博と協働でなにかできないかとも思います。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)