• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

ちばレポ第3回アンケート結果公表

アンケートにご協力いただきありがとうございました。皆様からいただいたご回答を参考に、本導入のための検討資料として活用させていただきます。

アンケート概要

ちばレポ第3回アンケート概要
項目 内容
調査名 「第3回ちば市民協働レポート実証実験アンケート」
調査期間 平成25年10月4日19時から10日17時まで
調査対象モニター数 769人
調査回答モニター数 87人(回答率11.3%)

※自由記述(その他自由記述含む)については割愛させていただきます。
※割合(%)は複数選択の設問や、小数点第2位以下四捨五入のため、割合の合計が100%にならない場合があります。

アンケート結果

Q1:【「ちばレポ」の仕組み(システム)について伺います】これまでにアプリや投稿サイトで投稿しましたか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:はい

44

50.6%

b:いいえ→Q5へ

43

49.4%

 

Q2:Q1で「はい」と回答された方に伺います。市のレポート対応状況について満足していますか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:満足

25

55.6%

b:不満

20

44.4%

Q3:「ちばレポ」のスマートフォンアプリの使いやすさはどうでしたか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:使いやすい

10

25.0%

b:使いにくい

12

30.0%

c:どちらともいえない

18

45.0%

Q4:「ちばレポ」のWebサイト(ブラウザ)の使いやすさはどうでしたか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:使いやすい

13

27.7%

b:使いにくい

12

25.5%

c:どちらともいえない

22

46.8%

Q5:今回の実証実験「ちばレポ」は街の課題をこれまでの電話やメールなどと違った方法で市役所へ連絡する仕組みですが、この仕組みについてどのように感じますか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:便利だと思う

83

95.4%

b:便利だとは思わない

4

4.6%

Q6:「ちばレポ」に参加して、まちを見る意識に変化はありましたか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:変化があった

60

69.0%

b:変化はなかった

27

31.0%

Q7:【市民協働について伺います】「ちばレポ」では、市民が解決できる地域課題は、市民自らまたは市役所と市民が協働して解決する「市民協働」の仕組みも取り入れようとしています。その場合、市民が解決できる街の課題としてはどのようなものが想定できると思いますか。(いくつでも)

選択肢 回答者数 回答率
a:地域の美化活動(清掃作業等)

73

38.0%

b:公園等の維持管理(草刈りや剪定作業・遊具の補修)

53

27.6%

c:地域の落書消去

47

24.5%

d:その他

19

9.9%

Q8:市民協働の機会があれば参加したいと思いますか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:参加したい

28

32.2%

b:条件しだいで参加したい

54

62.1%

c:参加はしない→Q14へ

3

3.4%

d:その他

2

2.3%

Q9:参加する場合どのような単位で参加することが最も参加しやすいですか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:個人(家族)

52

61.9%

b:知人と誘い合わせて

12

14.3%

c:町内自治会や地域団体などの既存のグループ

18

21.4%

d:その他

2

2.4%

Q10:参加する場合どの程度の範囲(距離)なら参加しやすいですか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:自分の住んでいる町内程度(近距離)

34

40.5%

b:自分の住んでいる区内程度(中距離)

30

35.7%

c:勤務地(学校)周辺

1

1.2%

d:距離は問わない

14

16.7%

e:その他

5

6.0%

Q11:課題解決に参加する場合、市役所からどのような支援があると参加しやすいですか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:必要な資機材の貸し出し

35

43.8%

b:専門的職員の支援

18

22.5%

c:必要な知識や技術についての事前の講習等

18

22.5%

d:その他

9

11.3%

Q12:課題解決を継続して行っていただくために、どのような仕組みを取り入れると効果的だと思いますか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:ポイント制度※

31

37.8%

b:表彰制度(表彰状の贈呈やHP等で活動を紹介する等)

10

12.2%

c:必要ない

29

35.4%

d:その他

12

14.6%

※選択肢説明
ポイント制度:参加をする毎にポイントが加算されポイント数に応じて物品を贈呈する仕組み。

Q13:町内会や環境美化サークル活動など公共的活動への参加経験はありますか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:継続的に参加している

21

26.3%

b:継続的ではないが参加している

20

25.0%

c:以前参加したことはある

22

27.5%

d:参加したことはない

17

21.3%

Q14:【ちばレポの本格導入について伺います。】「ちばレポ」が本格的に始まった場合引き続き参加しますか。(1つだけ)

選択肢 回答者数 回答率
a:参加する

85

97.7%

b:参加しない

2

2.3%

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)