• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2013年3月1日

ちば市政だより 平成25年3月1日号 4面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

災害発生時の安全な帰宅のために

大規模災害発生直後は、鉄道などの公共交通機関が停止し、職場や学校、外出先など、自宅から離れた場所にいる人の多くが帰宅困難者になると予想されます。災害発生時には、むやみに移動を開始せず、身の安全を確保するとともに、落ち着いて交通情報や被害情報などを確認し、適切に行動することを心掛けましょう。

むやみに移動を開始しない!

  • まずは自分の身の安全を確保しましょう。
  • 慌てて移動を開始するのはやめましょう。
  • 家族の安否や自宅の無事を確かめましょう(災害用ダイヤル171など)。
  • 交通機関の情報や道路の被害情報などを入手しましょう。

安全な徒歩帰宅のために

  • 携帯ラジオや地図を持ち歩きましょう。
  • 職場などに歩きやすいスニーカー、懐中電灯、手袋、飲料水、食料などを用意しておきましょう。
  • 事前に災害が発生したときの安否確認の方法や集合場所を、家族で話し合っておきましょう。
  • 徒歩やバスによる帰宅経路の状況を確認しておきましょう。
  • 千葉市を含む九都県市では、コンビニやガソリンスタンドなどと、徒歩帰宅支援協定を締結しており、災害発生時には、水道水、トイレや交通情報などを、可能な範囲で提供することになっています。協定を締結している店舗には、黄色いステッカーを掲示していますので、あらかじめ確認しておきましょう。

安否確認方法

災害時の安否確認方法として、電話会社などが提供する「災害用伝言ダイヤル」や「災害用伝言板サービス」が利用できます。毎月1日と15日は体験日となっていますので、使用方法を確認しておきましょう。

  • 災害用伝言ダイヤル(NTT)
    伝言の登録(1)(7)(1) → (1)自宅などの電話番号 → メッセージを入れる
    伝言の確認(1)(7)(1) → (2)自宅などの電話番号 → メッセージを聞く
  • 災害用伝言サービス(携帯電話会社など)
    インターネットで伝言の登録と確認ができます。詳しくは、お問い合わせいただくか、防災首都圏ネットのホームページhttp://www. 9tokenshi-bousai.jp/comehome/pre03.htmlをご覧ください。

問い合わせ 危機管理課 電話245-5151 FAX245-5597


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

3月15日(金曜日)から配布 平成25年度版 「千葉市家庭ごみと資源物の出し方一覧表」

平成25年度「千葉市家庭ごみと資源物の出し方一覧表」を3月15日(金曜日)に新聞折り込みで配布します。また、【下記】の場所でも配布します。
なお、一部の地域では、各町内自治会や管理組合が戸別配布をする予定です。

配布場所
市役所1階案内、区役所(市民課・地域振興課)・市民センター・連絡所、コミュニティセンター、土気あすみが丘プラザ、図書館(分館を除く)、環境事業所、リサイクルプラザ、清掃工場、千葉市住宅供給公社
6月末まで(予定) 駅構内広報ボックス(JR稲毛駅・土気駅、千葉モノレール千葉駅・都賀駅)
内容
  • 家庭ごみと資源物の出し方
  • 町丁別の収集日一覧
  • 古紙と布類の分別・出し方
  • ごみの分別・排出ルールの指導制度
  • ごみ減量に関する市の補助・支援制度などのご案内
  • 市で収集しないもの(一時多量ごみなど)および主な相談先
  • 粗大ごみの出し方

など

ごみの分別・排出ルールを守りましょう!

ごみや資源物の出し方は種類によって違います。出し方を確認し、ルールを守って排出してください。快適な環境を維持し、ごみステーション周辺の方に迷惑を掛けないようにしましょう。

ごみの分別・排出ルール4か条

  1. きちんと分別して出す。
  2. 決められたごみステーションに出す(地域で決められた場所以外は出せません)。
  3. 収集日の早朝から朝8時までに出す。
  4. 決められた容器で出す(指定袋など、決められた排出容器で出しましょう)。

問い合わせ 収集業務課 電話245-5246 FAX245-5477


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

東日本大震災による介護保険料および利用料等減免の申請受付期間が延長に

東日本大震災による介護保険料および利用料等減免の申請受付期間が、平成25年3月29日(金曜日)まで延長となりました。まだ申請していない方、申請を忘れていた方などは、早めの申請をお願いします。

延長の対象となる方
  1. 保険料が減免となる方
    1. 東京電力福島原発事故による警戒区域等の被保険者の方(平成25年3月31日までの保険料)
    2. 東日本大震災による被災区域(警戒区域等以外)の被保険者の方(平成24年9月30日までの保険料)
  2. 利用料が減免となる方
    1. 東京電力福島原発事故による警戒区域等の被保険者の方(平成25年2月28日までの利用料)
    2. 東日本大震災による被災区域(警戒区域等以外)の被保険者の方(平成24年9月30日までの利用料)
  3. 施設の食費・居住費が減免となる方
    1. 東京電力福島原発事故による警戒区域等の被保険者の方(平成24年2月29日までの食費・居住費)
    2. 東日本大震災による被災区域(警戒区域等以外)の被保険者の方(平成24年2月29日までの食費・居住費)

減免の対象となる方

  1. 東日本大震災により、被保険者本人または世帯の主たる生計維持者が、住宅、家財その他の財産に半壊以上の損害を受けた方。
  2. 同震災により、世帯の主たる生計維持者の死亡、行方不明、重大な障害を負った等の方。
  3. 同震災により、被保険者本人または世帯の主たる生計維持者の事業収入等が著しく減少した方。
  4. 原子力災害対策特別措置法の規定による避難もしくは退避をされている方。

問い合わせ

  • 各保健福祉センター高齢障害支援課介護保険室
    • 中央 電話221-2198
    • 花見川 電話275-6401
    • 稲毛 電話284-6242
    • 若葉 電話233-8264
    • 緑 電話292-9491
    • 美浜 電話270-4073
  • 介護保険課 電話245-5061 FAX245-5623

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

3月14日(木曜日)から 国道357号の新宿交差点の通行形態が変わります

千葉市役所周辺の国道357号では、現在行っている国道357号湾岸千葉地区改良事業(地下立体工事)に伴い、3月14日(木曜日)5時から、新宿交差点の通行形態が変更になります(雨天時は15日(金曜日)に順延)。
市道から新宿交差点を利用する場合は、直進・右折ができないT字路に通行形態が変更されます。渋滞緩和となる交通円滑化事業へ、ご理解ご協力をお願いします。詳しくは、【下記】にお問い合わせください。

問い合わせ

  • 国土交通省千葉国道事務所千葉出張所 電話233-0456 FAX234-3569
  • 道路計画課 電話245-5290 FAX245-5571

ホームページ http://www.ktr.mlit.go.jp/chiba/


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)