• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2012年10月1日

ちば市政だより 平成24年10月1日号 1面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

政令指定都市移行20周年 千葉市の歩み

平成3年10月18日、本市を政令指定都市とする政令が公布され、平成4年4月1日に、全国12番目の政令指定都市千葉市が誕生しました。
この20年間、本市は、子育て支援や高齢者福祉の充実を図るとともに、道路・下水道などの整備を進め、首都圏を代表する都市として、成長・成熟してきました。
また、10月18日を「市民の日」として定め、「ふるさと千葉市」に愛着と誇りを持っていただく催しを行っています。
今後も、皆さんとともに、魅力と活力にあふれるまちづくりに取り組んでいきます。

政令指定都市移行までの取り組み

昭和30年代~
急増する本市の人口に対応するため、都市基盤の整備を進めました。
(昭和30年 約20万人→昭和50年 約66万人)
昭和50年代~
専門組織を設置するなど政令指定都市移行の準備を進めました。
移行を目指した理由

  • 市民サービスの充実・強化
  • 都市基盤整備の一層の促進
  • 首都機能の一翼を担う都市としてのさらなる発展 など

平成3年10月
国、県などとの度重なる調整など10年余りの準備期間を経て、移行が決定しました。


平成3年10月
本市を政令指定都市とする政令が公布

平成4年4月
全国12番目の政令指定都市としてスタート
各区役所が業務開始

平成5年3月
市総合保健医療センターがオープン

平成5年9月
人口が85万人を突破

平成7年11月
市美術館がオープン

平成8年10月
第1回市民の日記念式典

平成11年3月
セーフティーちば(新消防庁舎)がオープン

平成11年12月
ハーモニープラザがオープン

平成13年4月
中央図書館、生涯学習センターがオープン

平成14年4月
人口が90万人を突破

平成15年5月
青葉病院が開院

平成17年10月
フクダ電子アリーナ、アクアリンクちばがオープン

平成18年1月
幕張メッセの来訪者が1億人を突破

平成19年4月
県内初の公立中高一貫校として市立稲毛高校附属中学校を開校

平成19年10月
きぼーるがオープン

平成21年3月
人口が95万人を突破

平成21年10月
「脱・財政危機」宣言

平成22年3月
「財政健全化プラン」を策定

平成22年9月
第65回国民体育大会(ゆめ半島千葉国体)開催

平成22年10月
第10回全国障害者スポーツ大会(ゆめ半島千葉大会)開催

平成23年1月
市制施行90周年

平成23年3月
東日本大震災で本市にも大きな被害が発生

平成23年6月
今後10年の市政運営を定める「新基本計画」を策定

平成24年4月
政令指定都市移行20周年

今後のまちづくりに向けて

これから、人口の減少や少子高齢化など、本市を取り巻く社会の環境は大きく変わっていきます。10年後、20年後においても、本市が住みやすく、魅力と活力にあふれるまちとして発展するためには、行政とともに市民や団体、企業など皆さんがまちづくりの主役として活躍していただくことが重要です。
「わたしから! 未来へつなぐ まちづくり」を合言葉に、「未来をつくる人材が育つまち」「みんなの力で支えあうまち」「訪れてみたい・住んでみたいまち」の3つの「まちの個性」の実現を目指し、市民の皆さんとともに魅力と活力にあふれる千葉市づくりに取り組んでいきます。

問い合わせ
政策調整課(政令指定都市に関すること)
電話245-5399 FAX245-5476
政策企画課(新基本計画に関すること)
電話245-5046 FAX245-5534


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

市長メッセージ(第34号) 熊谷 俊人

今年は、千葉市が政令指定都市に移行して20年になります。
政令指定都市として県からさまざまな権限移譲が行われた結果、私たちの生活がどのように良くなったのか、現在さまざまな形で検証を進めています。
その中でも、政令指定都市となって一番大きな変化の一つは、区制が敷かれ6区に区役所が誕生したことです。区役所の設置により、市民の皆さまの日常生活に密着した多くの手続きを区役所で行えるようになり、市民サービスがより身近に行えるようになりました。この仕組みをさらにより良いものとし、地域の実情に合わせたまちづくりを行えるようにするためには、区民の皆さまの声を吸い上げ、それぞれの区の活性化につなげていくことが必要です。
現在、市では区役所への分権に取り組んでおり、防犯・道路・公園などを一体的に巡視する多機能パトロール、市民の皆さまによる地域課題の解決や自主的なまちづくり活動への補助制度、区民対話会など、新たな事業を創設してきました。また、区長が第2回定例会で初めて出席し答弁したほか、区役所の自主事業に対する予算要求権の付与など区長の権限を強化し、今まで以上に区長を先頭として地域の実情に応じた施策が展開できるよう努めております。
さらに今年度からは、中央区役所に業務改善推進室を設置し、区役所業務をもう一度見直しています。区役所へは、届出や証明書の受け取りなどの手続きを行うため、皆さまの貴重な時間を割いてお越しいただいております。来庁した市民の方にとって、窓口の表示や記入する書類が分かりやすいか、お待ちいただく時間を少なくするため最適な事務処理が行われているか、職員の対応が適切か、など区役所業務の最も基本的な部分について再点検し、改善を進めているところです。
今後も市民の皆さまに一番身近な区役所が、より一層役に立つところとなり、それぞれの区の地域活動がさらに活発となるよう、区役所改革に努めていきます。


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)