• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年6月15日

ちば市政だより 平成29年6月15日号 2面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

7月からスタート 産後ケア 〜あなたの産後をサポート〜

一人ひとりの状況にあったサポートをします。お気軽にご相談を!
母子健康包括支援相談員

市では、出産後のお母さんの不安や負担の軽減を図るため「産後ケア」を7月から開始します。

産後ケアとは

出産後、「家族に手伝ってもらえない」「授乳や沐浴(赤ちゃんをお風呂にいれること)が上手くできるか心配」など、色々不安なことが生じます。産後ケアは、育児などに不安があり、サポートが必要なお母さんと赤ちゃんの心身の健康を図り、育児方法の指導や相談などを受けることができるサービスです。

利用開始日

7月3日(月曜日)から、利用登録ができます。

対象

市内在住で、家族などから産後の家事、育児などの支援が受けられないお母さんと赤ちゃん(生後4カ月まで)

サービス内容

  • お母さんの健康管理、乳房ケア・授乳方法の指導、産後の生活面のアドバイス
  • 赤ちゃんの身体計測、発育状態の観察
  • 赤ちゃんの沐浴・抱っこの仕方、育児方法の指導・相談 など

利用の形態

助産師などが自宅に訪問する「訪問型」と、心身の休息が必要なお母さんが産科医療機関や助産所に宿泊する「施設型」があります。

利用金額

利用金額は、施設により異なります。産後ケアにかかった金額の自己負担額【下表】を、利用した施設にお支払いください。
なお、利用金額の上限は、自己負担額込みで訪問型は1回1万2000円、施設型は1日2万5000円です。
例えば、課税世帯のお母さんが、訪問型1日当たり1万2000円のサービスを受けた場合、自己負担は3割の3600円となります。

利用方法

産後ケアを利用するには、利用登録が必要です。
お住まいの区の母子健康包括支援センター(保健福祉センター健康課内)にお問い合わせください。
助産師などの資格を持つ母子健康包括支援相談員が相談に応じます。
実施施設など詳しくは、市ホームページ(「千葉市 産後ケア」検索)をご覧ください。

問い合わせ 健康支援課 電話(238)9925 FAX(238)9946

自己負担割合・利用回(日曜日)数


訪問型 施設型(宿泊)
自己負担額 課税世帯 利用金額の3割
非課税世帯 利用金額の1割
生活保護世帯 無料 300円/日
利用回(日曜日)数 7回まで 7日まで

問い合わせ
母子健康包括支援センター(保健福祉センター内)
中央 電話221-5616
花見川 電話275-2031
稲毛 電話284-8130
若葉 電話233-6507
緑 電話292-8165
美浜 電話270-2880


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

ご活用ください! 男性が子育てして楽しいまちを目指します 男性の育児休業取得促進奨励金

市では、子育て世帯の仕事と育児の両立支援を図るため、市内の中小企業などに勤務する男性に対し、奨励金を支給しています。

主な支給要件
・3歳未満のお子さんがいる市内在住の男性で、市内の中小企業(300人以下)に勤務
・連続する10日以上の育児休業を取得し、職場復帰後1カ月以上勤務
支給額
5万円
申請期限
職場復帰した日から起算して3カ月以内または当該年度の3月31日のいずれか早い日まで
申請方法
申請書(幼保支援課で配布。市ホームページから印刷も可)と必要書類を、〒260-8722千葉市役所幼保支援課へ。
【上記】対象者を雇用する事業主に対しても20万円が支給されます。
必要書類など詳しくは、「千葉市 育児休業取得促進奨励金」で検索

問い合わせ 幼保支援課 電話245-5105 FAX245-5629


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

受講者募集 子どもの居場所サポーター養成講座

市では、子どもにとって信頼できる大人が見守る中、気軽に話をしたり、一緒に勉強したり、仲間と遊ぶことができる居場所が必要と考え、こどもカフェや、プレーパーク「子どもたちの森公園」といった子どもの居場所を設置しています。
このような子どもの居場所で、ボランティアとして活動するサポーターを養成する講座を開催します。

講義
7月17日(祝日)10時〜17時
会場 植草学園短期大学(若葉区小倉町)
現場体験
8月〜11月のうち1日
会場 こどもカフェ高洲(美浜区高洲3)・園生(稲毛区園生町)、プレーパーク「子どもたちの森公園」(若葉区源町)
対象
18歳以上の方
定員
30人(事前申込先着順)
申込方法
FAXで、植草学園短期大学 FAX233-9088(講座名、氏名(フリガナ)、住所、年齢、電話番号を明記)へ。ホームページまたは電話で、こども企画課も可。

問い合わせ こども企画課 電話245-5673 FAX245-5547


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

18歳未満の方も相談が可能に! 市ひきこもり地域支援センター

市では、ひきこもりの問題にお悩みの方に対し、さまざまな相談や支援を行う「千葉市ひきこもり地域支援センター」を開設しています。
今年度から、18歳未満の方も相談ができるようになりました。ひきこもりで、家から出ることができないなどの悩みがある方は、抱え込まずにご相談ください。

対象
市内在住のひきこもりでお悩みの方または家族など
利用方法
電話、来所、訪問により相談を受け付けます(予約制)

参加者募集 ひきこもり家族セミナー

日時
6月23日(金曜日)13時30分〜16時30分
会場
市ひきこもり地域支援センター
内容
体験談やカウンセラーの助言など
対象
ひきこもりの方がいる家族
定員
30人(事前申込先着順)
申込方法
6月15日(木曜日)から電話で、市ひきこもり地域支援センターへ

問い合わせ 市ひきこもり地域支援センター(美浜区高浜2こころの健康センター内) 電話204-1606 FAX204-1607(受付時間9時〜17時)


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

お子さんが私立幼稚園に通園している方へ 入園料・保育料の一部を助成

市では、お子さんが私立幼稚園に通園している方に対し、入園料・保育料の一部を助成しています。

対象
市内在住で、私立幼稚園(市外の幼稚園を含む)に通園している3〜5歳児(平成23年4月2日〜同26年4月1日生まれ)の保護者。現在通園していなくても、今年の4月2日以降に3歳に達し、入園する場合は助成を受けることができます。
*一部、対象外となる幼稚園があります。
支給額
世帯の平成29年度市民税所得割額および子どもの人数などに応じて決定。
申請書類
通園している幼稚園を通じて6月下旬以降に配布します。
申請方法
幼稚園を通じて申請。詳しくは、幼稚園または幼保支援課へお問い合わせください。
なお、市外の幼稚園に通園している場合は、お早めに幼稚園にお問い合わせください。

問い合わせ 各幼稚園または幼保支援課 電話245-5100 FAX245-5629


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)