ここから本文です。

更新日:2021年2月19日

ちば市政だより 2021年3月号 10面

魅力・観光


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

観光農園で春の味覚が楽しめます

イチゴやタケノコなど、今が旬の農産物が楽しめる農園を紹介します。ゴールデンウィークまで楽しめます。

料金・営業日など詳しくは、各農園にお問い合わせください。

編集担当T
紹介する農園のほか、5月下旬までイチゴ狩りが楽しめる農園もあります。

詳しくは、「千葉市観光農園」で検索

観光農園・農園直売所

農園名 種類 期間 所在地・問い合わせ
中台苺園 イチゴ直売 5月上旬まで 花見川区長作町192-1
電話 090-5311-3481
小川いちご園 イチゴ直売 5月下旬まで 緑区平山町1042-21
電話 291-1456
花沢いちご園 イチゴ直売 5月下旬まで 若葉区中野町1123
電話 228-1264
「わたしの田舎」谷当工房 レンゲ摘み 3月下旬から4月下旬 若葉区谷当町70
電話 239-0645
タケノコ掘り 4月中旬から5月下旬

レンタルハウスいちご園

農園主が栽培・管理をサポートしてくれるレンタルハウスいちご園では、利用期間中いつでもイチゴの摘み取りが楽しめます。

利用期間
4月20日(火曜日)から5月31日(月曜日)
料金
1区画18,000円(イチゴ150株)
申込方法
3月20日(祝日)消印有効。往復はがきに必要事項のほか、希望区画数を明記して各農園へ。結果は、4月上旬までにお知らせします。
農園名 区画数 所在地・問い合わせ
小川いちご園 38 〒266-0002
緑区平山町1042-21
電話 291-1456
鈴木観光農園 21 〒266-0002
緑区平山町1049
電話 090-3502-7666
みつばちファーム 35 〒266-0004
緑区平川町1292
電話 090-3086-0330

収穫時期は、生育状況により前後する場合があります。

問い合わせ 市園芸協会 電話 228-7111 月曜日休業

農政課 電話 245-5758 FAX 245-5884


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

大草谷津田いきものの里自然観察会 虫さん、花さん、もう起きた?

ガイドの解説を聞きながら、谷津田の自然や生き物と触れ合ってみませんか。

日時
3月21日(日曜日)10時30分から12時
雨天中止
会場
大草谷津田いきものの里
定員
15人(小学3年生以下は保護者同伴)
持ち物
帽子、長靴、飲み物
申込方法
3月10日(水曜日)必着。はがき(1通5人まで)に必要事項のほか、参加者全員の氏名・フリガナを明記して、〒260-8722千葉市役所環境保全課へ。Eメール
kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp、FAXも可。

問い合わせ 環境保全課 電話 245-5195 FAX 245-5553


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

泉自然公園カタクリガイド

ガイドを受けながら、カタクリなどの野草、樹木を観察します。春の陽光を感じながら園内を散策してみませんか。

日時
3月24日(水曜日)から28日(日曜日)10時から、11時から、13時30分から(各回40分程度) 雨天中止
会場
泉自然公園
定員
各回先着15人
申込方法
当日直接駐車場内ビジターセンターへ。

問い合わせ 若葉公園緑地事務所 電話 228-0080 FAX 228-5421


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

温故千新 千葉を知る

二十一、発見から70年 友好と平和の象徴オオガハス

1951年3月30日に植物学者の大賀一郎博士が、花見川区にある現在の東京大学検見川総合運動場の地中から、約2000年前のハスの実を発見しました。その奇跡の瞬間から、今年でちょうど70周年。

開花に成功し、オオガハスと名付けられたこのハスは、1954年に千葉県の天然記念物に指定されました。

1963年には、大賀博士直筆の「蓮は平和の象徴也」と書かれた墨書とともに、オオガハスの実100粒(うち50粒は千葉公園で採取した実)が友好と平和の象徴として中国へ贈られました。この実は北京、杭州など中国国内の10カ所で栽培され、大輪の花を咲かせました。その後、中国古代蓮と交配して作られたちゅうにちゆうれんが、中国から日本に贈られました。現在、オオガハスは国内外およそ200カ所に分根、栽培され、友好と平和のシンボルとなっています。

1993年4月に市の花に指定され、2001年に制定された花見川区のシンボルマークには、花見川沿いの桜とともにオオガハスのフラワーピンクが使用されています。ハスの花が咲く初夏には千葉公園で大賀ハスまつりが開催されるなど、多くの市民に親しまれています。

問い合わせ 都市アイデンティティ推進課 電話 245-5660 FAX 245-5476


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)