ここから本文です。

更新日:2021年6月24日

ちば市政だより 2021年7月号 5面

健康・福祉


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8-9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

ちばし地域づくり大学校の受講生を募集

ちばし地域づくり大学校は、地域課題を解決するために、講座や実地体験を通じて地域福祉活動・ボランティア活動の担い手や、地域でのリーダーとして活躍できる人材を養成するための学校です。基礎コースとステップアップコースがあり、自分に合ったコースを選んで受講することができます。なお、基礎コースには講座をオンラインで受講するクラスを新設しました。それぞれのコースを受講すると、1回の受講につき、ちばシティポイントを50ポイント獲得できます。

基礎コース

地域活動の知識・技能や経験が少ない方が、講義や実地体験を通じて地域活動への理解を深めます。また、個々の思いに沿った活動プランを作成し、地域で活躍できるよう実践的に学びます。

ステップアップコース

すでに地域で活動に参加している方が、リーダーとして活躍し、活動を継続できるよう団体運営を学びます。地域での活動事例や課題を踏まえて、現在の活動の見直しと新たな活動プラン作成などを行います。

対象
2021年4月1日時点で18歳以上の方
期間
9月から来年2月
募集要項
高齢福祉課、区役所地域振興課、保健福祉センター、市民センター、公民館、図書館、いきいきプラザ、社会福祉協議会など。ホームページから印刷も可。
備考
交通費などは自己負担
申込方法
8月20日(金曜日)必着。募集要項に付属の受講申込書を、〒261-0011美浜区真砂5-21-12ちばし地域づくり大学校(認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ内)へ。Eメール
npo-club@par.odn.ne.jp、ホームページからも可。

応募多数の場合は、志望動機を踏まえて、選考により受講者を決定します。詳しくは、「ちばし地域づくり大学校」で検索

コース名 講義日時 会場 定員
キックオフ講座
(全コース共通)
9月25日(土曜日)9時30分から11時30分 市民会館またはオンライン受講
基礎コース全11回
(講義9回、実地体験2回)
火曜日 9月7日・14日、10月5日・19日・26日、11月30日、12月7日、来年1月11日、2月1日の火曜日
10時から12時
鎌取コミュニティセンター 各20人
金曜日 9月10日・17日、10月8日・22日・29日、12月3日・10日、来年1月14日、2月4日の金曜日
9時30分から11時30分
市民会館
土曜日
(オンライン)
9月11日・18日、10月16日・23日・30日、12月4日・18日、来年1月15日、2月12日の土曜日
14時から16時
Zoomでのオンライン受講(一部市民会館などでの受講)
ステップアップコース
全11回(一部オンライン受講も可)
9月11日・18日、10月9日・23日・30日、11月13日・20日・27日、12月18日、来年1月8日、2月12日の土曜日
9時30分から11時30分
市民会館 30人
*基礎コースの実地体験は、11月10日(水曜日)から29日(月曜日)に希望する団体へ参加。2回以上の参加も可

問い合わせ ちばし地域づくり大学校 電話 303-1688 FAX 303-1689


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8-9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

熱中症を予防しましょう

熱中症は、気温が高いなどの環境条件だけでなく、体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くなくても、湿度が高い、風が弱いなど、体が暑さに慣れていない場合は注意しましょう。

熱中症の予防方法

水分と塩分の補給

こまめに水分を補給し、汗をかいたら塩分も補給しましょう。

暑さを避ける

  • 熱中症は住居で多く発生しています。エアコンや扇風機を活用して温度調節をしたり、遮光カーテンやすだれ、グリーンカーテンなどを利用しましょう。朝や夕方の打ち水も効果的です。
  • 外出時には、日傘の利用や帽子を着用し、こまめに休憩しましょう。

暑さ対策にクールシェアを

涼しい場所をみんなでシェアするクールシェアで、省エネ・節電をしながら暑さ対策に取り組みましょう。

  • 家族で一つの部屋で過ごし、エアコンの使用台数を減らす
  • 木陰や水辺などの涼しい場所で過ごす など

マスク着用時の熱中症にご注意を!

新型コロナウイルス感染対策でマスク着用の機会が多いですが、マスク着用時はのどの渇きに気づきにくくなるため、こまめな水分補給を心がけましょう。

特に注意しましょう

  • 高齢者は、温度や湿度に対する感覚が鈍くなるため、室内でも熱中症になることが多くあります。
  • 晴れた日は、地面に近いほど気温が高く、乳幼児や車いすの方は想像以上に暑い環境にいます。また、乳幼児は体温調節機能が十分発達していないため、特に注意が必要です。

熱中症警戒アラートが発表されたら

熱中症警戒アラートは、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される際に、その前日の夕方または当日早朝に発表されます。発表されたら、予防行動を積極的に取りましょう。

  • 気温、湿度、暑さ指数を把握しましょう。暑さ指数は環境省ホームページで確認できます。「環境省 熱中症予防」で検索
  • 熱中症になりやすい高齢者、子どもなどに声かけをしましょう。
  • 屋外での運動や活動は中止・延期しましょう。
  • 屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合は、適宜マスクをはずしましょう。

問い合わせ 健康推進課(健康への影響に関すること) 電話 245-5146 FAX 245-5659
救急課(救急搬送に関すること) 電話 202-1657 FAX 202-1659
環境保全課(暑さ対策に関すること) 電話 245-5504 FAX 245-5553


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8-9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

ちば市政だよりが破損・汚損している場合

ちば市政だよりが破損・汚損している場合や、届かない場合は、株式会社地域新聞社 電話 202-0120(平日9時から17時)へご連絡ください。


バックナンバーこの号の目次
1面2面3面4面5面6面7面8-9面10面11面12面13面14面15面16面17面18面19面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)