ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市長の出前講座 > 【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(長沼原台ひまわり会・長沼原自治会)1月30日

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年10月3日

【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(長沼原台ひまわり会・長沼原自治会)1月30日

日時:平成26年1月30日(木曜日)19時00分~20時00分

場所:長沼原台自治会館

認知症防止とことぶき大学校について

(参加者)
ことぶき大学校に通っていたが、通っている人で認知症になった人は誰もおらず、非常に健康である。活発的に活動をすることが認知症を抑えられると考える。しかし、ことぶき大学校がなくなると聞いた。このような、高齢者に有益なものを無くさないでほしい。

(市長)
確かに、ことぶき大学校に通われる方々は非常に元気な方が多いと感じており、ことぶき大学校を今の時点でなくすことは考えていない。しかしながら、ことぶき大学校の運営には毎年5,000万円もの費用が掛かっている。そこで、現在学科の費用を工夫している。陶芸等の美術学科は値段を上げたが、健康福祉学科は値段を下げた。また、ハーモニープラザにいける人だけではなく、地域でことぶき大学校のようなことができるようにしたい。

介護予防の施策について

(参加者)
市では高齢者の健康に関する施策を行っているが、高齢者の具合が悪くなる前に手を打つことのできる施策をもっと積極的に行うべきである。担当課レベルでの出前講座を行い、もっと現場の力を活用してほしい。

(市長)
あんしんケアセンターの職員や、担当課に連絡してほしい。そうすることで一歩一歩進めていけると考える。

幅広い世代の交流について

(参加者)
高齢者施策について日々勉強し、地域で集会を開いているが、もっと若い世代の人達とともに活動をしたいと考えている。若い人達を巻き込んで活動をしたいがどのようにすれば良いか。

(市長)
地域活動に若い世代を取り込むことは確かに難しい。若い世代を取り込むには、今までにない新しい形で行わなければならないと感じる。若い人たちが行政に関心を持ってもらえるように少しずつ事業を進めている。今年度はスマートフォンを使って実証実験を行った。実証実験では町の不具合をスマートフォンで市役所にレポートで投稿してもらうということを行った。
現在の若者は自治会や民生委員の重要さを学んでいない。昔は家庭で学んでいたことが、今は家庭内で受け継がれていない。ごみステーションや防犯街灯を誰が管理しているのか知らない。学校教育の中で自治会の重要性を少しずつ広めていくことが重要であると考える。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)