ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市長の出前講座 > 【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(稲毛区PTA連合協議会)11月14日

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年3月13日

【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(稲毛区PTA連合協議会)11月14日

主な質疑応答

日時:
平成23年11月14日(月曜日)
14時00分~15時00分

実施団体:
稲毛区PTA連合協議会

市長の出前講座(稲毛区PTA連合協議会)写真(JPG:164KB)

1~8…参加者からの質問、意見
A…市長の回答

 

1

教育関係に力が入っていないのではないか。

A
教育に関して、学力テストも一つの基準になると思うが、千葉市の子どもたちは千葉県の子供の中でもいい成績を残している。
小人数制の問題については、現在、県の基準より少し進んだ少人数制を実施している。もっと進めていきたいが、教員の人件費の問題があるので、もう少し待ってほしい。
また、校舎の耐震化については、H27年度までには全校で実施するとしているが、もっと早くやりたいと考えている。

2

子どものITに関して、大人が何に気を付けるべきか。

A
一番、気をつけなくてはならない点は、携帯電話に関してである。小学生に、パケットフリーサービスのついた携帯を部屋に持ち込ませてはいけない。それでは、テレビとビデオとゲームのすべてを部屋に置いているのと同じである。パケットフリーサービスに加入している子は、非加入の子よりも睡眠時間が2時間少ないとの調査結果も出ている。保護者や先生はこのことに注意すべきである。

 

3

子どもの安全確保のため、警察から事件等の情報が、早く教育委員会や学校、保護者の許へ行くシステムづくりをしてほしい。

A
警察の情報や安全情報を、学校それぞれのサーバーから配信できるシステムを構築した。それを機能させるため、皆さんが学校とよく協議をしてほしい。警察からの情報連絡網については、もっと警察と教育委員会で協議をするべきと考える。

 

4

子どもが減少することを考えて、認可保育所を抑えて作っているのではないか。それでは、少子化の問題が解決できないのではないか。

A

認可保育所の整備を抑制しているのではないかとの誤解を受けることがあるが、将来、無駄にならないような配慮をしながら、かつてない程の数を整備している。

 

5

子どもの教育について、考えを聞きたい。

A
日本は父親に対する働きかけが遅れている。千葉市では、父子手帳や親子手帳を配布しておらず、父親への呼びかけが少ない。子どもが生まれた時、父親の役割に気付いてもらうような仕掛けを作っていかなければならない。父親の育児ハンドブック等、父親に向けたものをたくさん作っていきたい。

6

千葉市には児童館がなく、子どもの居場所がない。雨の日は学校の校庭で遊ぶこともできず、スーパーのフードコートに集まっている子ども達を見かける。子どもたちの居場所づくりをしてほしい。

A

公民館が中学校区に一箇所づつある。子どもたちを含めた地域の拠点として、公民館の在り方について議論を行っている。
また、子どもルームを卒業した子どもたちには、こども参画事業に参加してもらいたい。

7

振替休日で学校は月曜が休みであることが多いのに、図書館の休館日が月曜日となってしまっている。改善はできないのか。

A

こども市長たちからも提案された問題である。実際、千葉市のように毎週月曜日を休みとしているところは少ないし、閉館日自体も多い状況なので、改善する必要があると認識している。
まず、休館日を月曜日から他の曜日に変更をできないか。次に、予算を確保し、閉館日を減らせないか。もう少し時間が掛るが、この2つを進めていきたい。

8

医療機関に勤務している。ある日、虐待の疑いがある子どもが受診してきたため、児童相談所に通報したところ、「会議中」とのことで2時間も待たされた。人員が少ないのは理解しているが、それではいけないと思う。

A

児童相談所が臨機応変に対応できていない時がある。
児童相談所の人員を増やす必要もあるが、各区保健福祉センターでまず初期対応ができるようにして、重いケースを児童相談所が対応するようなシステムを構築していきたい。
今年度から各区保健福祉センターこども家庭課に各1名の増員ができた。これからも、そのような体制づくりをしていきたい。お話の件は反省の材料にさせていただきたい。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)