ここから本文です。

更新日:2015年3月2日

ランチ・ミーティング内容要旨(平成26年4月17日)



在日フィリピン人の英語教師としての活動について

(参加者)
千葉市には約1万5,000人の在日フィリピン人が住んでいる。しかし、英語教師として市内で活動しているのは20~30人程度しかいない。日本人の英語教師が足りていない中で、在日フィリピン人を英語教師として積極的に活用することは市の英語教育の手助けになる。

(市長)
市としても、在日フィリピン人の方々が英語教師として活動してくれることは、市の英語教育の一助になると考える。また、市民・こども達にとって、良い国際交流の機会にもなると考える。

2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて

(参加者)
2020年に日本で開催されるオリンピック・パラリンピックの際に、ボランティア活動で活躍するであろうこども達に対して、英語に興味を持ってもらえるように、イベントを実施する予定である。千葉市としてはオリンピック・パラリンピックに向けてどのような働きかけを考えているのか。

(市長)
オリンピック・パラリンピックに向けてプロジェクト推進本部を立ち上げ、関係都市とともに連携・協力できる体制を整える方針である。また、競技の場としてではなく、キャンプ地として千葉市を活用できるようにしたい。千葉市には野球場やサッカー場等のスポーツ施設が整えられている。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)