ここから本文です。

更新日:2016年3月15日

ランチ・ミーティング内容要旨(平成26年8月20日)


プレーパークの活性化と里親制度について

(参加者)

プレーパークのようにみんなが関わり合う中で活動を行っていきたいと考えている。調べてみるとプレーパークの稼働率が悪い事に気づいた。活性化をしてくために、民間の相談所やコミュニティカフェができればよいと考えている。
また、NPOで児童のためのインフラを作っていきたい。里親を増やすために、単に施設を作るよりも、家庭的な形で行っていきたい。

(市長)

プレーパークについては行政としても協働事業として行っていきたいと考えている。
里親についてだが、里親制度に関心のある方でも児童相談所に相談に行かなければいけないというのはハードルが高いと感じさせてしまう。児童相談所のような場所ではなく、普段の生活の中で、簡単に行けるような場所で相談ができる仕組みが出来たら良い。行政で行うと敷居が高くなってしまうので、NPOに必要な予算を渡して協働で行っていけたら良い。福祉の分野は幅広いため、行政だけでなく民間でも役割を果たしていってほしい。

貧困世帯への情報提供について

(参加者)

現在、貧困は6人に1人の割合で存在するといわれているが、周辺には見当たらない。どこにいるのか積極的に見つけようとしないと出会うことができない。そういった方々を救っていきたいが、一般の人は貧困の方がいることすら知らない。関心がある人でも、深くは詮索をしないため、社会でそういった方々が見えにくい仕組みになってしまっている。

(市長)

行政としては貧困の方々のために支援策を作っているが、そういう人達には支援策があるという情報が届かない。いくら市政だよりやHPで周知をしても、時間的、精神的な理由等にから、情報を見てもらえない。情報が届かないことで、支援が受けられず悪循環になってしまっている。
そこで、市の情報を携帯電話等に自動的に届ける仕組みを考えている。転入等の際にアドレスを聞き、またそれと同時に情報提供についての同意をとり、その人に必要な情報をピンポイントで送れるようにしたい。すべてを解決できるわけではないが、ICTを活用することで少しは良くなる。ICTでカバーができないところは町内会等の人とのつながりが重要になってくる。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)