ここから本文です。

更新日:2016年3月15日

ランチ・ミーティング内容要旨(平成26年11月13日)



外での活動と市内の運動施設について

(参加者)
我々のシニアクラブは毎日活発に活動を行っている。会員の中には持病がある者もいるが、皆元気に活動している。年齢にも負けずに頑張っているのが健康につながっていると感じている。外で笑って活動をしあえるのが長生きの秘訣だと思う。
しかし、スポーツを行う場所が少ない。企業の持っているグラウンドや小学校の体育館を開放してもらうことはできないか。
(市長)
やはり、外に出かけて人と話をするということは健康にとても良い。皆様のように活発に活動をすることで健康寿命を大きく伸ばすことができる。皆様が元気でいることは何よりも良いことである。
企業が管理している市内のスポーツ施設は、個別に開放をしてもらっているが、システマチックに行うのは難しい。また、小学校の体育館は、学校体育施設開放事業として開放しているが、学校によっては利用団体が多く、休日を含めてほとんど使用しているので難しい。

ひとり暮らしの高齢者について

(参加者)
民生委員の関係で高齢者の実態調査をしているが、外に出て活動をしている人は元気である。問題なのは何も活動していなくて、家にずっと居る方。在宅のひとり暮らし高齢者に対して、電話による安否確認を行う制度があるのでお勧めしているがなかなか登録してくれない。市でもっとこの制度のことを周知してほしい。
(市長)
市としても安否確認の登録はしてほしい。また電話による安否確認だけでなく、緊急通報装置の設置も市では促している。緊急通報装置については広報することで登録者がとても増えた。市でも登録者が増えるように色々な方法を考えたい。
元気な時にはわからないが、実際に問題が出てきた時に気付くことがある。体が元気な時に準備をしていくことが大事である。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)