ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市長の出前講座 > 【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(みつわ台中学校PTA)7月4日

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年3月13日

【市長の出前講座】主な質疑応答の要旨(みつわ台中学校PTA)7月4日

主な質疑応答

日時:
平成23年7月4日(月曜日)
19時00分~20時00分

実施団体:
みつわ台中学校PTA

市長の出前講座(みつわ台中学校PTA)

1~4…参加者からの質問、意見
A…市長の回答


1

千葉市は公立保育園・幼稚園の数が少ないのでは。増やす予定はないのか。

A

幼稚園はすべて私立である。これは珍しいことではない。公立保育所の比率については、他都市に比べても高い。今後の新設については、国の補助基準が民間のみを対象と変更されたため、公立の新設は困難な状況である。

 

2

稲毛区の民間認可保育所に勤めているが、緑区に転居する家族が、緑区での認可保育所の利用を行うため、無認可保育を利用しつつ待機していた。住むエリア、働くエリアを考えた利用の優先順位付けが必要では。

A

無認可でも優秀なところはあり、各園の特性に応じた柔軟な補助制度を考えており、利用しやすい環境づくりに努める。

 

3

小学生の子どもが思い切り遊ぶ所がない。公園はサッカーボール禁止、野球禁止である。自由に遊べる公園とするべきではないか。

A

公園の使い方は、こどもの力フォーラムでもテーマとして取り上げ、子どもたちから提言があった。市では、地域の皆さんが自主的に運営する形を研究しており、事例もある。大人が定期的について見守る公園があってもよいと思う。地域も皆さんも汗をかく形を地域で決めていただく必要がある。一緒に議論したい。

 

4

子どもの参画の必要性を理解した。参画は大人にも必要であり、大人の自治ができるような環境を作って欲しい。

A

中学校区単位など、地域の課題を地域でクリアする環境を研究している。子どもの参画では、まだまだ子どもが社会に参画できる場がある。社会全体が子ども達に、「あなた達を無視していない。あなた達の意見がほしい」とのメッセージを送らないとスタートに立てない。大人が子どもに真剣に向き合うことが必要である。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)