ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ランチ・ミーティング > ランチ・ミーティング内容要旨 > ランチ・ミーティング内容要旨(平成27年6月9日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

ランチ・ミーティング内容要旨(平成27年6月9日)

ランチH27第3回様子写真


ユニバーサル就労について

(参加者)

私たちは、就労困難者、特に若年無業者の就労支援を行っている。ユニバーサル就労は、ご本人が働きたいと思っていれば、刑務所から出た方、ホームレスの方、重い障害の方なども対象であり、特徴は継続的な支援を行うこと。一番大事なのは就労が決まった後の支援であり、その方に伴走して支援していくことが重要と考える。

(市長)

若年雇用の問題で有効な解決策が講じられてこなかったのは、行政が支援策を講じても待ちの姿勢になっていては、就労困難者は到達してこない。それは、今までの反省点だと思っている。地域の中において、そういう方々を発見・早期支援をしていく仕掛けをまちの中に埋め込んでいかなければいけない。私たちもNPOも含めて、地域で活動実態や人々とのコネクションがある人達に就労支援をお願いをしている。伴走型で支援していくことは良い流れだと思う。

実習の受け入れについて

(参加者)

今、実習を受けられる機会を提供するために各企業を回っている。就労困難者の中には、何をしていいのか、働くってなんなのか分からない方々もいる。実習をとおして、色々な体験や雰囲気を感じることが大切であり、自らの就労の選択肢を広げるためにも、市役所でも実習の受け入れはできないだろうか。

(市長)

ある程度はできると思う。本市には農政センターがあり、土に触れてやりがいを感じられるような作業や、他にもオフィスワーク関係等もある。わかりやすく働く実感が得られれば就労の意欲は高まるはず。小学校の給食室で働くというのはどうか。調理は労働の形態としても分かりやすく、食べ物を作って子ども達に喜んでもらうというのは働く意欲として結構高まるのではないだろうか。私たちとしても就労の意識が高まるバリエーションは色々提示することができる。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)