ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ランチ・ミーティング > ランチ・ミーティング内容要旨 > ランチ・ミーティング内容要旨(平成27年7月16日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

ランチ・ミーティング内容要旨(平成27年7月16日)

ランチH27第4回様子写真


花と触れあう機会について

(参加者)

お花を見ているだけで、大人も子どもも心が和むもの。昨今、家庭でお花を見る機会は減ってきているので、ぜひ家庭にもお花を取り入れてもらいたい。感性や表現力を養うためにも、特に子どもを対象に生け花をとおして、お花と触れあう機会を与えてあげたい。

(市長)

何らかの形で表現をすることは自己肯定感に繋がると思う。今、私たちもやろうとしていることは「放課後の子ども教室」である。放課後は教室が余っており、希望者は一定の金額を支払って、教室を学習の場として使う。色々なメニューから自由に選択ができ、比較的安価に受けられるものを考えている。放課後に生け花は不可能ではないと思う。これをきっかけに本格的に生け花教室へ通うという人も出てくるのではないだろうか。

市の教育の魅力について

(参加者)

暮らしやすさや経済面、便利さなどから生活の場を決めていくものだが、地域に若い世代、特に子どもが集まらないと今後困ってしまう。市の教育に魅力があると、若い世代が集まるのではないか。

(市長)

私たちは、教育は凄く重要だと思っている。今は、教育のために親は住む場所から変えるような時代であるが、学校教育の課程における工夫では限界にきている。それよりは今、子どもたちの環境で大きな差があるのは家庭環境であり、放課後の部分に“まち”としてどのようにサポートできるかが、極めて重要である。機会を与えられないまま成長してしまうことこそが最ももったいないことである。「放課後の子ども教室」や色々な場所で初歩的な“きっかけ”を子ども達にたくさん提供できるようにしたい。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)