ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ランチ・ミーティング > ランチ・ミーティング内容要旨 > ランチ・ミーティング内容要旨(平成28年5月16日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

ランチ・ミーティング内容要旨(平成28年5月16日)

ランチH28第2回様子写真

就労支援の相談について

(参加者)

私たちは若者の就労支援を行っているが、「ちば地域若者サポートステーション(以下、「ちばサポステ」という。)」の認知度が低いと認識している。まだ就労できていない若者やその家族の方たちに「ちばサポステ」の存在を知ってもらいたい。

(市長)

具体的に「ちばサポステ」では、年間どれぐらいの相談を受け、どのような相談が多いのか。

(参加者)

千葉市だけではなく、習志野市や東金市、大網白里市などから来る方もいるが、年間の相談件数は3,500件ぐらいある。その中で、千葉市民の割合は8割ほどである。
再就職の為に来る方や学生時に就労に上手くマッチングできなかった方、精神的な病を持っている方からの相談が多い。

生活困窮者への支援について

(市長)

私たちは今、雇用に力を入れている。雇用は全ての生活の基本なので、生活支援をする際に雇用は切っても切れない。すぐに就職できない人たちが増えている現状は私たちも理解をしているが、特に親元で暮らせていない生活困窮者を何とかしなければならない。伴走型で、とにかく仕事をすることに慣れてもらいながら、将来的に生活していけるだけの糧を労働で手にできるようになるのが私たちの基本的な考え方である。生活困窮者のアクションを待つのではなく、こちらからアクションを仕掛けるようなことを増やしていきたい。そういう意味で「ちばサポステ」は、重要な機関の一つだと認識をしている。

(参加者)

就労できていない若者がコンタクトをとるには「千葉駅前サテライト」が非常に効果的だと思う。
また、多くの人に知ってもらえるように広報してほしい。

(市長)

広報の中で上手く相乗効果が出せるように意識したい。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)