ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ランチ・ミーティング > ランチ・ミーティング内容要旨 > ランチ・ミーティング内容要旨(平成28年9月15日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年10月21日

ランチ・ミーティング内容要旨(平成28年9月15日)

平成28年度第6回ランチ様子写真

オーストラリアンフットボールについて

(参加者)

オーストラリアンフットボールは、オーストラリア国内でクリケットと2分する2大スポーツである。約160年の歴史があり、小さな頃から公園で行うようなスポーツで、冬場の週末はほとんどの方がスタジアム観戦に出掛けている。

(市長)

オーストラリアではかなりの人気があるようだが、ラグビーとの違いはどういうところか。

(参加者)

楕円のボールは同じだが、オフサイドが無いなどルールの制約が少なく、自由にボールを動かすことができる。常にお互い違うチームの選手と1対1でプレーするところがサッカーやバスケに似ている。正式なフィールドはラグビーコートの倍ぐらい必要で、そのフィールドでは夏場はクリケット、冬場はオーストラリアンフットボールを行っている。プロチームの決勝戦などは10万人がスタジアム観戦に訪れるほど。現地では地域スポーツとしても発展しており、地域の週末の楽しみで競技力を目指すチームもあれば、いろいろな人たちが一緒になって生活の中で協力し合えるような場を作るコミュニティーのために行われている。

活動内容について

(参加者)

私たちはオーストラリアンフットボールを通して千葉の方々に現地の文化も併せて紹介していきたいと思い活動している。毎週第1第3土曜日には千葉ポートパークで練習をしており、オーストラリアンフットボールの体験会やオーストラリア風のバーベキュー大会を開催したほか、今年の4月には、おゆみ野のイオンタウンでイベントも開催した。小学生世代に教えることもあり、親御さんからは「うちの子はスポーツが苦手だから」などと心配される方も多いが、小・中学生世代は不得意でも楽しんでスポーツが行える環境が必要だと思っている。どうしても勝ち負けになると不得意な子は早い段階でスポーツから離れてしまって、常々もったいないと感じている。

(市長)

日本と外国をスポーツで比較すると、日本はどうしても勝ち負けがメインになってしまい、高齢者は高齢者のリーグで競うなど、セグメント分けされてしまう。欧米を見ていると、1つのチームに若い人から年配の人までが普通に地域でチームを組んでおり、勝ち負けではなく他者と交流する感じでスポーツを行っている。私たちがパラスポーツに力を入れているのも、パラスポーツは障害者と健常者が一緒にできるよう考案されており、かつ、未経験者も多いので、比較的地域で分け隔てなく行いやすいからである。2020年に向けて、真のスポーツ文化をいかに地域に浸透できるかが課題であるが、地域交流のツールとしてスポーツを活用していきたいと考えている。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)