ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 市民の声 > 市民の声:新庁舎整備について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年4月30日

市民の声:新庁舎整備について

要旨

新庁舎整備事業について、「第3回千葉市新庁舎整備シンポジウムでの展示内容.PDF」を拝見したが、近隣に住む者としては、冬の日射遮蔽、夏の照り返し、圧迫感、プライバシー、音の反響などの点で、影響が予測される。住環境の悪化を懸念し、転居を検討したくなるような整備計画と感じた。「新庁舎」「既存の京葉銀行」「新千葉銀行本店」は、いずれも地上50m超の高さのビルであり、このようなことは発生しない前提でこの地に住み始めた。
そこで、以下2点について教えてほしい。
・「将来活用検討地」の具体的内容を教えてほしい。
・「現庁舎を使用しながら建設できる配置」とあるが、至近に中央コミュニティセンター、ポートサイドタワー(千葉ポートスクエア)、センシティ等のビルがあるが、全ての選択肢につき検討し尽くしたが、どうしても不可能という状況だったのか。

回答内容

はじめに、敷地の国道側約1ヘクタールの土地につきましては、将来活用検討地と位置づけておりますが、新庁舎整備工事中は臨時駐車場などとして使用する予定です。その後の利活用については、公共利用のほか、民間による活用や官民連携による利活用なども含め、検討を進めてまいります。
次に、「現庁舎を使用しながら建設できる配置」につきましては、移転費用ならびに仮設庁舎費用を削減することが可能であり、来庁者の利便性、土地の有効活用、まちづくりへの寄与などを勘案し設定したものですので、ご理解願います。
また、他のビルへの移転等については、平成24年度に行った基礎調査において検討ケースとして評価いたしましたが、実際に本庁舎として必要となる面積の空きスペースがある施設がないことから採用いたしませんでした。
冬の日射遮蔽、夏の照り返し、圧迫感、プライバシー、音の反響などの点への対応として、計画建物の配置を大きく変えることはできませんが、今後も、影響の緩和や、運用面も含めた対応について引き続き検討し、説明に努めたいと考えております。

(お問い合わせ)
財政局資産経営部新庁舎整備課 TEL 043-245-5044

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)