ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:美術館の掲示場所について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年3月18日

市民の声:美術館の掲示場所について

要旨

新聞の千葉市美術館リニューアルの記事の写真に、異様な情景があった。ホール中央の円柱にポスターのような物が掲示してあった。せっかくの建築物にこのような物が掲示されていることは建築物に対する冒涜に当たる。建築家にとって柱や壁も建築作品の一部であり、そこを他の物で覆いかくすことは作品を汚すことになる。特に美術館という性格上展示品の鑑賞だけでなく、その場所を含めたものが鑑賞の対象になる。建造物の取り扱いについては美術館の管理者に注意してもらいたい。

回答内容

千葉市美術館は、文化面から千葉都心への集客を図るため、中央区役所移転後の跡スペースを活用し、美術館の拡張整備工事を行い、常設展示室や子どもアトリエなどを新たに整備し、7月11日にリニューアルオープンしました。
そのような中において、さや堂ホールは、美術館の魅力をより高めること、また歴史的建造物の積極的な活用との考えから、建物全体の入口として活用するエントランス機能を追加したところです。
新聞報道の写真の掲示物ですが、このような取り組みの一つとして、NHKのEテレ番組の「びじゅチューン」の世界をさや堂ホール内に設えたことにより、円柱部にも装飾することとなったものです。
また、外側歩道の円柱につきましても、さや堂ホールが建物全体の入口と分かるよう、千葉市美術館の標識を掲示したところです。
本市におきましても、建造物に対するお考えは、重要な視点であると認識しており、建築意匠等への影響が考えられたことから、文化財の活用につきまして、建物の設計者や文化財の学識経験者に、活用に関するご意見をいただきながら実施したものです。
本市といたしましては、今回のリニューアルを機に、さや堂ホールの活用を含む様々な事業を展開することにより、より多くの市民の皆様に美術館を身近に感じていただき、ご来館いただけるよう努めてまいりますので、上記の取り組みにつきまして、ご理解願います。

(お問い合わせ)
市民局生活文化スポーツ部文化振興課 TEL 043-245-5262

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)