ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:不妊治療の助成について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年3月18日

市民の声:不妊治療の助成について

要旨

千葉県や千葉市では、不妊治療助成金の所得金額の上限が730万円だが、私は共働きで子供を望んでいる。体外受精などの金額はとても高く、仕事を続けながら何年も不妊治療を続けるのはとても大変だ。女性の社会進出について政府や地域が後押ししているにもかかわらず、「稼いでいたら助成金が受けられない」というのはおかしい。せめて、東京都のように助成金の上限を引き上げて欲しい。保険がきかない治療だからこそ、助成金の対象が増えなければ子供を作ることも考えられない。私たちは時間との勝負ということもあり、助成金の上限や金額の増加をしてほしい。

回答内容

不妊治療は、受ける方にとって、身体面・精神面の負担に加え、治療費も多額にかかり、経済的な負担も大きいものと認識しております。
市では、不妊に悩む方を経済面から後押しすることを目的に、国の補助制度に加え、市独自の制度として、本年度から、採卵を伴う治療を行った場合に、2回目以降の申請のうちいずれか1回について、助成額を25~30万円に引き上げました。
助成にあたっては、市の限られた財源の中で、より経済的支援が必要な方の負担を軽減することを目的に、国の制度に準じて一定の所得制限を設定しておりますが、助成金の上限については今後も国の動向を注視していきたいと考えております。
なお、市では不妊及び不育症に関する相談の窓口として不妊専門相談センターを設置しています。センターでは医師、助産師による面接相談や保健師による電話相談を行っており、主治医に聞けない些細な内容でも、相談に応じておりますので、ご利用いただければと思います。

(お問い合わせ)
保健福祉局健康福祉部健康支援課 TEL 043-238-9925

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)