ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:直下型地震への対応について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

市民の声:直下型地震への対応について

要旨

中央区・稲毛区・美浜区エリアの海岸と内陸とを結んだ近辺を震源とする地震が増えてきているように感じる。これらの頻発する地震はスロースリップなのか、登戸断層や東京湾の海底断層などを震源とする場合には直下型でいきなり来るので、地震計や歪計などの機器を増やして監視する必要がある。直下型の地震への対応を検討してほしい。

回答内容

本市近辺で発生している地震に対し、地震計等の機器を増やして監視する必要があるのではとのご意見をいただきました。
スロースリップ(ゆっくりすべり)現象は、顕著なものであれば気象庁が検知することは可能であるものの、地震の規模・発生時期等、確度の高い予測につきましては、現在の科学的知見では困難であると考えられております。
そこで、本市におきましては、防災・減災対策を推進することにより地震への対応を図っております。
具体的な防災・減災に係る方策といたしましては、千葉市地震被害想定調査(平成29年3月)を実施し、本市への影響が最も大きくなると想定される千葉市直下地震(マグニチュード7.3)を対象として、地震動、液状化危険度及び人的・物的被害について、予測を行いました。(調査報告書は市ホームページに公開しております。本文下部のリンク先をご覧ください)
この被害想定調査では、家屋の倒壊や家具類の転倒、火災の発生等により、多くの人的・物的被害が想定されております。これらに対応するため、引き続き住宅の耐震診断・耐震改修、家具類転倒防止対策、感震ブレーカー設置等を促進するとともに、自助・共助・公助が一体となった、防災・減災対策の推進に努めてまいります。
【千葉市地震被害想定調査報告書】
市ホームページ( https://www.city.chiba.jp/somu/kikikanri/zishinhazard_hokokusyo.html )

(お問い合わせ)
総務局危機管理課 TEL 043-245-5151

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)