ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:マンホールトイレ設置助成制度について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年12月31日

市民の声:マンホールトイレ設置助成制度について

要旨

台風第15号により、千葉県は大きな被害をうけた。特に停電による生活の困難は顕著に現れ、公設・私設双方の送水設備の停止による断水の問題が発生した。現在小中学校におけるマンホールトイレ設備設置を進めているものと理解しているが、避難所の受け入れ人数にも限界があり、在宅避難を選択する市民にとって、断水によってトイレの使用が制限されることは、生死に関わる重大な問題と考えている。また、非常用トイレ袋の用意にも個人差があり、断水の長期化には耐えられない。在宅避難者を保護するため、マンション管理組合等集合住宅の所有者に対して、マンホールトイレ用下水設備の設置を市で助成していただけないだろうか。設備を設置するにあたっては各種法令を遵守するとともに、利用についても地域への開放等が前提になることが考えられ、この際あえて助成の仕組みを設けることによって、設置に関する適切なガイドラインの作成にも寄与すると思われる。

回答内容

市が整備しているマンホールトイレについては、避難所を利用しない近隣の在宅避難者の方でもご利用いただけます。
また、マンホールトイレの整備については、流すための水源が必要なことから、非常用井戸やプール水が活用できる市立小中学校などを最優先に進めております。
現在、本市では災害時のトイレに関する備えとして、集合住宅を含むご家庭での簡易トイレ又は携帯トイレの備蓄を推奨しているところです。簡易トイレ及び携帯トイレは、マンホールトイレに比べて軽量であることから機動的な活用ができるほか、安価なため、より多くの方を対象として備蓄を進めることができます。
現状では、集合住宅のマンホールトイレ設置助成制度はございませんが、ご意見いただきました、断水の長期化への対応を含め、災害時のトイレ対策については、引き続き検討を進めてまいりたいと考えております。

(お問い合わせ)
総務局防災対策課 TEL 043-245-5113

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)