ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:敬老会補助金制度について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年12月31日

市民の声:敬老会補助金制度について

要旨

敬老会補助金について、現在、敬老会参加者のみ補助金の対象になっているが、不参加の方、当日お手伝いをされた方、演芸等をされた方は補助金の対象からは外されている。これらの方たちが補助金の対象から外される理由が分からない。不参加を無視されてもよいのだろうか。参加したくても出来ない方も大勢いる。また、お手伝いの方や演芸等をやってもらう方も無視されてよいのだろうか。補助金の手引きにも、敬老会の費用として認められるものの項目の中に、お手伝いをしていただける方、演芸等をされる方は補助金の対象になると書かれていいる。
以前のように敬老対象者全員に補助金が出るようにしてほしい。

回答内容

本市の敬老会補助金は、高齢者の外出促進や地域コミュニティの活性化を目的として平成25年度に見直しを行い、敬老会に参加していない方への記念品の配付を補助の対象外としました。その際に削減された予算は地域包括ケアシステムの構築や予防接種費用の助成(自己負担額の減)、認知症対策などの高齢者にとって必要不可欠なサービスへスライドさせておりますので、ご理解願います。
次に補助の対象経費についてですが、敬老会開催にあたりお手伝いをされた方、演芸等をされた方の経費については補助の対象となっております。なお、補助額の算定にあたっては、実際にかかった経費(お手伝い等の方を含む経費)と75歳以上の参加者数に4,000円を乗じた額とを比較し、少ない方の金額に4分の3を乗じた額を助成額としております。補助の対象や金額の決定については、より分かりやすくなるよう補助金の手引きを見直してまいります。
最後に、補助金の対象経費に関する手引きの記載内容についてですが、敬老会開催団体の皆さまから多くの問い合わせを頂いている事項であり、皆さまにより分かりやすいよう、敬老会開催の準備に要する費用や当日の会場使用料など、特に問い合わせが多い経費について具体的に記載しております。
お手紙にありました「敬老会に参加したくてもできない方」へ行政サービスが行き届くように心がけながら、各種施策の実施に努めてまいりますので、今後も千葉市政にご理解とご協力を願います。

(お問い合わせ)
保健福祉局高齢障害部高齢福祉課 TEL 043-245-5169

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)