ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:AEDの設置とバイスタンダーの育成について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年1月31日

市民の声:AEDの設置とバイスタンダーの育成について

要旨

先日、心室細動を起こして駅で倒れた。その際に、近くにいた医師や看護師の方にすぐにAEDを使っていただき、後遺症もなく回復できた。私が今、元の生活に戻れているのは、近くにAEDがあり、それを使って助けて下さった方がいたおかげである。AEDの数や、それを使える人が増えてほしい。

回答内容

まずは、心室細動という重大なご病気でご闘病されましたこと、心よりお見舞いを申し上げます。
AEDの設置とバイスタンダー(AEDが使える人)の育成について、下記のとおり回答させていただきます。
まずは、AEDの設置についてですが、本市では一般市民の方がAEDを使用できるようになった平成16年7月以降、官公庁、民間施設それぞれでAEDの設置を進めており、令和元年9月現在では、市内約1,000か所に1,200台余りのAEDが設置されております。
突然の心停止には、AEDによる除細動(電気ショック)が極めて重要な救命処置であることから、今後もAEDの設置促進を引続き進めてまいります。
つぎに、バイスタンダー(AEDが使える人)の育成についてですが、心停止の傷病者に対してはAEDの早期使用と併せて、心肺蘇生の実施が非常に重要となります。
本市では、バイスタンダーの育成を施策の重点事項に定め、消防局・市医師会・教育委員会・日本赤十字社などと連携をして救命講習会を開催し、毎年4万人余りのバイスタンダーの育成を図っており、その普及率は、全国の政令指定都市の対人口当たりで最多となっております。
今後も、AEDの設置促進及びバイスタンダーの育成を継続的に実施することで、心停止など危機的な場面において、一人でも多くの市民の命が救われるよう尽力してまいりますので、ご理解ください。

(お問い合わせ)
消防局警防部救急課 TEL 043-202-1655
保健福祉局健康部健康企画課 TEL 043-245-5203

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)