ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:受動喫煙対策について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

市民の声:受動喫煙対策について

要旨

喫煙者の写真を撮って通報するシステムの運用が始まると聞いた。肖像権などの問題はないのだろうか。

回答内容

受動喫煙対策における「(仮称)SOSシステム」(以下では、単に「SOSシステム」と言います。)の運用は、令和2年4月1日に予定されている健康増進法の改正と千葉市受動喫煙の防止に関する条例の本格施行に合わせて開始するものとなります。
特に、改正健康増進法の枠組みの中では、本市に限らず、各都道府県と保健所を設置する市・特別区のそれぞれに、法令違反に関する相談や情報を受け付ける窓口が設置されることになります。
今回開発を行うSOSシステムも、こうした窓口のひとつとして、受動喫煙の被害に困っている方がより情報提供しやすい環境を整えるものであり、お寄せいただく情報としては、主には喫煙室から煙がもれている、喫煙室ではない場所で喫煙をさせている等、法令に違反している施設に関するものを想定しております。
なお、情報提供に当たっての画像データの取り扱いにつきましては、添付を必須ではなく任意とする予定としており、主に違反店舗などの位置情報を補完するものとして活用することを想定しています。
例えば特定の人物を大写しにした画像の撮影などは、市がこれを積極的に求めるものではなく、こうした撮影行為自体が、撮影者と被撮影者との間でのトラブルに発展する可能性も考えられることから、システムの運用に当たっては、利用者に向けて必要な注意を促してまいります。
受動喫煙による健康への影響は非常に大きく、これによる死亡者数が年間約1万5千人に上ると推計されることなどが、これまでに明らかになっています。
今般の法改正・市条例の制定による新たな規制は、こうした健康被害を防ぐためのものであり、SOSシステムの運用は、この実効性を保つためにも必要な取り組みと考えておりますので、ご理解願います。

(お問い合わせ)
保健福祉局健康部健康企画課 TEL 043-245-5201

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)