ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:レジ袋について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

市民の声:レジ袋について

要旨

ごみとして道に落ちていたり、木に引っかかっているレジ袋を減らしたいと思っている。レジ袋を有料化することはできるだろうか。

回答内容

現在、レジ袋も含めたプラスチックごみによる海洋汚染が世界的に大きな問題となっています。国は、プラスチックごみを減らすための施策の一つとして、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、百貨店などで配布するレジ袋の有料化を義務付けることとし、令和2年7月から全国で実施されることとなりました。有料化の対象となる事業者やレジ袋など「プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン」が公表されており、レジ袋の価格設定は、各事業者が設定することとなっています。
市ではこれまで、3R【Reduce(リデュース・発生抑制)、Reuse(リユース・再使用)、Recycle(リサイクル・再生利用)の3つのRの総称】の推進のため、ホームページや広報紙等で買い物の際のマイバッグの活用を呼びかけてきました。レジ袋有料化をきっかけに、さらなるプラスチックごみの削減のため、マイバッグの活用はもちろん、不要な使い捨てのプラスチックスプーンなどはもらわないなど、ライフスタイルの見直しを市民の皆さんに呼びかけていきたいと思います。
また、プラスチックごみをポイ捨てせず、適切に処理することも大切です。ごみとして道に落ちているレジ袋などが、川や風の流れにのって海にたどり着き海洋汚染の原因となる可能性があります。本市でも、ポイ捨て禁止の啓発や、海岸や地域を清掃する団体へごみ袋や清掃用具の支援をするなど、引き続き様々な取り組みを進めていきたいと思います。
(参考)
経産省プラスチック製買物袋有料化2020年7月1日スタート
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

(お問い合わせ)
環境局資源循環部廃棄物対策課 TEL 043-245-5379

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)