ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:保育士の給与について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年1月6日

市民の声:保育士の給与について

要旨

緊急事態宣言下での保育士賃金の支給状況及び社会福祉法人立保育園の委託費弾力運用状況について、公表してほしい。

回答内容

まず、緊急事態宣言下での保育士賃金の支給状況に関する実態についてですが、本市では令和2年5月7日付けで適切な対応を求める通知を発出しており、認可を受けた民間保育施設に対しアンケート調査を実施しております。なお、調査結果につきましては、この手紙への回答内容を、市民の声として公表する予定です。
調査の結果、正規職員では全ての職員が、非正規職員については61.2パーセントの職員が、通常時の月平均と同じ水準で賃金の支払いを受けておりました。また、非正規職員の97パーセントが、通常時の月平均の60パーセント以上の水準(労働基準法に基づく「休業手当」の水準)で賃金の支払いを受けておりました。
しかしながら、保育施設の運営費用は児童の年齢や地域、保育施設の規模に応じた保育単価の「公定価格」から算出され、緊急事態宣言下でも教育・保育の提供体制維持のため、特例的に通常通りの満額が支給されていることから、公定価格に基づく人件費支出については、すべての職員に通常時と同水準の賃金の支払いを求める通知が、令和2年6月17日付けで国からも改めて発出されております。また、公定価格等が適正に使われているかについては、市町村が実施する「監査」の対象となりますので、保育士賃金が不適切な扱いとなっている場合、改善を求める指導を行い是正していただくことになります。
次に、社会福祉法人立保育園の委託費弾力運用状況についてですが、令和元年度、実地による定期監査を行った社会福祉法人立保育園のうち8割が委託費の弾力運用を行っておりました。弾力運用状況の一律の公表は予定しておりませんが、国の定める弾力運用の要件を満たしているかどうか、定期監査や、毎年事業者に対して提出を求めている現況報告書により確認をしており、必要に応じて指導、是正をしております。今後も引き続き実施状況について確認し、必要に応じて指導してまいります。

(お問い合わせ)
・緊急事態宣言下での保育士賃金の支給状況に関すること
こども未来局こども未来部幼保運営課 TEL 043-245-5726
・社会福祉法人立保育園の委託費弾力運用に関すること
こども未来局こども未来部幼保支援課 TEL 043-245-5977

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)