ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:休日救急病院での検査及び対応について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年6月12日

市民の声:休日救急病院での検査及び対応について

要旨

休日救急病院での診察時、インフルエンザではないかと検査を希望したが、問診だけで単なる風邪と診断された。午後になって熱が上がったので、別の病院で診てもらったところインフルエンザと診断され、タミフルを処方された。
また、受診待ちの間、自分よりも遅く来た方々がどんどん先に受診しているので聞いてみると問診票が見当たらないとのこと。市民目線の行政サービスが置き去りにされているのではないか。

回答内容

休日救急診療所におけるインフルエンザの検査についてですが、休日の急病患者の方の診療を目的とする当診療所では、患者様が特に多くなる千葉県の「インフルエンザ注意報」発令後はインフルエンザ簡易迅速検査を原則中止しております。これは、多くの方が検査を受けることにより診療までの時間が長くなってしまうこと、また、この検査自体が簡易な検査であり、発熱後6~10時間以上を経ないと陽性とならないことや、インフルエンザの症状が出ている方でも陽性とならないことがあるなど、完全な検査ではなく、インフルエンザの診断に必須のものではないため、原則行わず、医師が必要と判断した場合のみ検査を行うこととしています。なお、検査の実施の有無にかかわらず、医師の診察により、インフルエンザと診断した場合には抗インフルエンザウイルス薬の処方をいたします。
この度の診療においては、休日救急診療所にお越しいただいた時点での症状を診て、当番医師が検査及び抗インフルエンザウイルス薬の投与を行わないという診断に至ったものですので、何卒ご理解願います。
また、問診票につきましては、指定管理者として管理運営を行っている千葉市保健医療事業団に以下のとおり確認いたしました。当日は、総合窓口での受付をし、看護師の問診を行った後、待合ホールにてお待ちいただくようご案内させていただきました。
その後、通常の診療の流れとしましては、待合ホールにてお待ちいただいた後、総合窓口の受付順で診察室担当の看護師が患者様の名前をお呼びし、診察室前待合所で待機していただくようご案内すると同時に患者様の問診票を診察室へ持っていきます。患者様は診察室前待合所で待機していただいた後、順番に医師の診察を受けていただくことになります。受診の際には、診察室前待合所へご案内するため、待合ホールでお名前をお呼びしましたが、呼びかけに対するお返事が確認できなかったことから、いったん不在者の問診票を置く場所に問診票を置き、改めてお呼びすることとしていました。
ご自身の受診の順番についてスタッフにお尋ねになったのは、この段階のことと推測されます。しかし、尋ねられたスタッフは上記の経緯を把握していない者であったため、診察室前待合所にいらしたことから、診察室に問診票があるものと思い、不在者の問診票を置く場所に問診票があることにすぐには気づけませんでした。その結果、問診票のある場所の確認に手間取ってしまい、受診が遅れる事態となってしまったものです。
年末年始は来所される患者様が非常に多く、スタッフが患者様の名前をお呼びしても聞こえないことや、患者様のお返事を確認できないケースが生じてしまうことがあるのが実情でございますので、今後、患者様の多い時期はいつも以上に受付や問診後のご案内を徹底するよう運用体制を改善してまいります。
この度頂戴いたしましたご意見につきましては、休日救急診療所の運営について検討する会議の場にてご報告させていただき、今後の運営に生かしてまいります。

(お問い合わせ)
保健福祉局医療衛生部医療政策課 TEL 043-245-5210

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)