ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:若葉区の山林の保護について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年8月28日

市民の声:若葉区の山林の保護について

要旨

私の生まれ育った若葉区の高根町や北谷津町付近の山林が次々と無くなり、スクラップヤードや、大規模な太陽光パネルが設置されている。北谷津清掃工場~泉高校~高根団地あたりまで、約3キロの道に沿った林が僅か数年で大きく消失した。豊かな自然、谷津田や里山があるとされた地域のこれまでにない大きな破壊に危機感がある。モズやアカガエルなどの希少な生物も生息しており、「千葉市の自然歩道」という看板も近辺に建っている。その地域がヤードや太陽光パネルに埋め尽くされ出している。「自然と共生した生活環境の確保」を掲げた都市計画としても、簡単に林が手放されヤード化するというのは深刻な問題ではないか。市としてはこのような現状をどのようにお考えか。山林の保護、保全にさらに尽力してほしい。

回答内容

スクラップヤードについてですが、スクラップは、利用価値があるものとして、有価で取引されているため、一般的には廃棄物に該当しません。そのため、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」等による規制はかからず、その立地を制限する法令はありませんが、必要に応じ、担当部局が合同で立ち入りをするなど、スクラップヤードが周辺環境に与える影響を低減するよう指導にあたっています。
太陽光発電事業にかかる太陽光パネルの設置については、設備の適正導入に向け、庁内関係部署で情報を共有し、関係法令の遵守のほか、事業の計画段階から地域住民に説明を行うよう促すなど、国の「事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)」に沿って事業が適切に実施されるよう指導しているところです。
次に、谷津田の保全についてですが、「谷津田の自然」は本市の原風景であるとともに、希少な生き物を含む多種多様な生態系を育む場です。谷津田を保全するため、保全区域の指定を進めており、引き続き、保全に取り組んでまいります。
また、木材価格の低迷により森林経営は困難となっていることや、山林を所有していることを認識していない方もいることから、山林所有者が山林を継続して管理していけるよう、森林整備にかかる経費を助成しております。
なお、当該地域は市街化調整区域に指定されており、同区域では、例外的に開発許可を認められるものを除き建築物の建築はできないこととなっております。

(お問い合わせ)
・スクラップヤードに関すること
環境局資源循環部産業廃棄物指導課 TEL 043-245-5683
・太陽光発電及び谷津田の保全に関すること
環境局環境保全部環境保全課 TEL 043-245-5182
・森林の整備・保全について
経済農政局農政部農政センター農業経営支援課 TEL 043-228-6275
・市街化調整区域の指定に関すること
都市局都市部都市計画課 TEL 043-245-5304

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)