ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:野良猫の保護について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年1月6日

市民の声:野良猫の保護について

要旨

野良猫の保護についての提案である。
現状、野良猫の捕獲後は引き取り手がいない場合に、動物保護指導センターで殺処分となってしまう。千葉市動物公園などに猫カフェを開設し、保護猫達は殺処分ではなく、適切に避妊・去勢・健康診断やワクチン接種等をした上で、この猫カフェでお金を稼いでもらいつつ、同時にカフェを引き取り里親候補者との「お見合い」の場にするというのはいかがだろうか。動物公園に世界中から高額な稀少動物を買い付けてくるよりも、よっぽど環境・財政にやさしい上に、地域のためにもなると思う。また、「無責任に動物を捨てさせない」という教育の場にもなる。そもそも、動物の命をお金で買えることも問題で、捨て猫・捨て犬問題も、悪質ブリーダーが一因となっていることも多いため、全国に先駆けて、千葉市・千葉県での生体販売自体を禁止してほしい。

回答内容

動物保護指導センターでは、捕獲した猫の市民からの引取りを行っておりません。毎年多くの猫が収容されていますが、負傷した猫や、そのままでは生きられない離乳前の仔猫です。
本市では、飼い主のいない猫たちを減らし、住みよい街にするために、地域猫活動を推進しています。自治会や市民の皆様に理解を深めていただくため、「千葉市猫と共に暮らすためのガイドライン」やリーフレットを作成・配布しているほか、地域猫セミナーの開催や、出前講座などを通して普及・啓発しているところです。
また、動物保護指導センターでは、「譲渡関係ボランティア」や「子猫の育成ボランティア」の協力や、HP・ツイッターへの掲載、譲渡会の実施等、様々な取り組みにより、収容した動物を新しい飼い主へ譲渡しており、平成27年度から、殺処分はゼロとなっております。
次に、ペットショップの生体販売禁止についてですが、ペットショップが生体を販売することに禁止等の制限を設けることは出来ません。しかし、本市では「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、動物保護指導センターが、動物を販売もしくは販売目的で繁殖を行う業者に対し、施設及び動物の管理などを適正に行うよう、施設への立入等の機会などを通じて指導・助言しております。
また、動物公園におきましては、展示する希少野生動物への病気等の感染影響が考えられますので、野良猫による猫カフェ開設につきましては、困難であると判断しております。
今後も引き続き、動物の適正飼養に関する取り組みを推進してまいります。

(お問い合わせ)
・動物保護指導センターに関すること
保健福祉局医療衛生部生活衛生課 TEL 043-245-5215
・動物公園に関すること
都市局公園緑地部動物公園 TEL 043-252-7566

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)