ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:特殊詐欺対策について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年1月6日

市民の声:特殊詐欺対策について

要旨

特殊詐欺被害に遭わないために防止策を考えた。
1.固定電話のナンバーディスプレイ強制化
このサービスを無料にして強制化をすることにより、高齢者は非通知の電話などを事前に拒否できると思う。
2.注意喚起の方法
高齢者への案内として「怪しげな電話がかかってきたら、まずは騙されたフリをしましょう。その間に警察や身内へ連絡をし、犯人に気づかれないようにしてください。それにより犯罪者の逮捕につながります」と案内をすることで、犯人側が「騙されたフリをしているかもしれない」と疑心暗鬼になる効果がある。

回答内容

1.固定電話へのナンバーディスプレイの強制化について
固定電話にナンバーディスプレイの設定を強制化することは困難ですが、特殊詐欺に対する「自宅の電話にナンバーディスプレイを使用する」、「留守番電話に設定する」等の防止対策は有効であり、「ちばし安全・安心メール」によるメール配信やちば市政だより、ホームページなどで周知・啓発を行っております。防止対策の周知・啓発を引続き行うことで、固定電話へのナンバーディスプレイ設定の浸透を図ってまいります。
2.注意喚起の方法について
特殊詐欺に対しては、まずは下記のような基本的な対策の周知・啓発を進めており、本市では「騙されたフリ」を、積極的には推奨しておりません。
・名乗らない相手に、こちらから名前を挙げて尋ねない
・家族の間で「合い言葉」を決めておき、それを尋ねる
・現金の保管の有無や家族構成等の情報を安易に教えない
・電話を切り、かけてきた本人のもともとの連絡先に連絡して確認する
・一人で判断せず家族や警察に相談する 等
引続き、上記の対策を周知・啓発するとともに、特殊詐欺の実情に応じた、さらなる対応を検討し、特殊詐欺の被害防止に努めてまいります。

(お問い合わせ)
市民局市民自治推進部地域安全課 TEL 043-245-5264

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)