ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:病院の受け入れについて

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年8月28日

市民の声:病院の受け入れについて

要旨

保育園に通っている4歳の子が、公園の滑り台から落ち頭と背中を打ち、病院を受診することになった。外科に行くと頭だと診られないと言われ、保育園の先生が他の病院に問い合わせ、3件目の病院で、事故から一時間半後にやっと受診できた。以前も子供が頭を打った時に小児科に問い合わせたところ、頭だと診られないと断られ、脳神経外科専門の病院に電話すると小児科がないから子どもは診られないと断られ、いくつか問い合わせをして受診できたのが事故が起きてから2時間後だった。また、受診してもぐったりしているわけではないので被爆のリスクを考えると経過観察が良いと言われ帰るという状況だ。親としては緊急性があるのか判断してもらいたく受診したいのに、かかりつけ医だとその様な判断をしてもらえず困っている。まずはかかりつけ医で一次診断し、こういう症状が出ている場合は専門的なところに紹介するようにというマニュアルみたいなものを市として作ってほしい。救急車呼ぶのが一番早いのかもしれないが、緊急性があるかわからない状態で呼ぶのはやはり躊躇する。

回答内容

医師の多くは臓器別の専門医であり、限られた範囲のみの診療となる傾向が強いという問題があり、また、診療が可能な医師が医療機関に配属されている場合でも、医師も交代で勤務しているため、当該医師が不在の場合には診察が出来ない場合もあるなど、千葉市だけではなく、全国的な課題となっております。
お手紙に記載されているように、現在の救急医療体制としては、まずはかかりつけ医で一次診断し、その医療機関で処置が困難と判断された場合や二次救急医療機関等の高次の医療機関での検査が必要などと判断された場合には、二次救急医療機関に転院することとなります。
診療を行うのは医師であり、また、専門の違いなどにより、かかりつけ医が多くの患者に対して緊急性の有無も含めて常に適切な判断をすることは難しい現状を考えますと、ご指摘のようなマニュアルを市が作ることは現状では困難です。
家族が病気、怪我などで対処に不安がある場合は、患者様を一刻も早く医療機関の手に委ねることが肝要であると思いますので、ご不安に感じる時は、気がねなく救急車を要請していただきたいと存じます。
また、夜間や休日に救急で困ったとき、今すぐ受診させた方が良いのかを迷った際は、看護師や小児科医が電話でアドバイスしてくれる#8000などもございますので、状況に応じて、ご利用ください。

(お問い合わせ)
保健福祉局健康部医療政策課 TEL 043-235-5210

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)