ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:動物公園の環境について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年7月27日

市民の声:動物公園の環境について

要旨

千葉市動物公園のチーターやライオンなどの動物舎は、動物のいるエリアに日よけや雨よけらしきものがなく、炎天下や雨の日に動物がどのように隠れられるのか心配になった。ゾウやキリンのエリアも同様に感じた。動物たちがより快適に過ごせ、来園者が安心して動物を見られるよう、検討してほしい。

回答内容

動物公園の各展示施設は、30年以上前に、当時の動物飼育のための最新の考えを取り入れて整備されたもので、ゾウの展示場のように体を冷やしたり泳いだりするための池を設置したり、キリンの展示場のように樹木で木陰ができるようにするなど、動物に配慮したつくりとなっておりますが、炎天下や降雨の時に隠れる場所が不足がちな展示場もあります。
そこで、現在、動物公園を再生するために進めている、「千葉市動物公園リスタート構想」では、動物の持つ特徴を引き出す展示手法である「特徴展示」を取り入れ、ライオン展示場では、コピエ(岩山)をつくり、炎天下や降雨の時に一時避難できる洞穴を再現し、天候が悪い時には空調のきいた屋内展示場で過ごせるようにするなど、動物が快適に生活できるよう工夫しております。また、2020年7月にオープンした、チーター・ハイエナ展示場では、小高い山の下にシェルターを作り一時避難できるような構造と、暑熱対策となる池を作っております。
今後も「千葉市動物公園リスタート構想」に基づき、自然環境に近い修景を図るとともに、動物たちの居住・生活環境を豊かにする「環境エンリッチメント」の考え方を尊重しながら、展示場のリニューアルを進めてまいります。

(お問い合わせ)
都市局公園緑地部動物公園 TEL 043-252-7566

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)