ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:残った給食の活用について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年8月31日

市民の声:残った給食の活用について

要旨

学校給食の残飯で堆肥を作り、ゴミ削減と食品ロス意識の向上を図って欲しい。堆肥は授業で使えると思うし、ゴミ処理費用も削減出来るので、初期費用の回収は難しくないと思う。

回答内容

市では、ごみの削減及び食品ロス削減の意識向上等を目的に、給食残渣再資源化モデル事業に取組んでいます。この事業は、小学校に生ごみ処理機を設置し、給食の調理残渣や食べ残しを堆肥化するもので、できた堆肥は農家等で活用されており、今後、小学校での活用も検討してまいります。現在、4校に処理機を設置し、令和3年度にはさらに2校追加して各区1校ずつ計6校で取り組んでいく予定です。
また、本事業を環境学習に取り入れ、3Rの仕組みの理解促進や食品ロス削減の意識向上に取り組んでいます。小学4年生を対象とした「ごみ分別スクール」実施後の保護者宛て報告チラシや、小・中学校の給食だより、ごみ減量広報紙へ掲載するほか、「千葉市のごみ」について学べる動画で紹介し、多くの市民の皆様のごみ削減意識の向上につながるよう努めているところです。

(お問い合わせ)
環境局資源循環部廃棄物対策課 TEL 043-245-5236

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)