ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:保育料について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年3月1日

市民の声:保育料について

要旨

共働きフルタイムで子どもが3人いるが年齢が離れており、3人目のみ保育園のため、保育料の負担が大変だ。他県や他市では、上の子が小学生でも無料や半額になるところもあるので、千葉市でも取組んでほしい。また、保育料算定の計算に住宅ローン控除も含めてほしい。

回答内容

保育料額は、子ども・子育て支援法において保護者の負担能力に応じて徴収するという応能負担の原則がとられており、世帯所得の状況等を勘案して定めることとなっています。本市では、国が定めた基準額に対して、他政令指定都市や近隣自治体の状況も参考に、利用者負担を国基準額の約8割に軽減した金額に設定しており、差額の約2割分は、保育所利用者以外の納税者にも広くご負担いただくこととしています。
また、保育料の多子軽減ですが、本市では国の制度に基づいており、上のお子様が就学児童の場合は、低所得世帯やひとり親世帯等の要保護世帯を除き、保育料軽減はありません。本市では、待機児童ゼロの継続に向けて保育所整備などに取組んでおり、定員枠の拡大に見合う運営コストが必要となる事情もありますので、ご理解願います。
なお、保育料算定時の住宅ローン控除の取扱いは、国において、これらの控除(住宅借入金等控除・配当控除・外国税控除・寄付金控除等の税額控除)は所得能力を直接反映するものではないことを踏まえ、保育料算定上反映させないこととされています。

(お問い合わせ)
こども未来局こども未来部幼保運営課 TEL 043-245-5726

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)