ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:市内循環バスについて

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年3月1日

市民の声:市内循環バスについて

要旨

政府のテレビ放送で、高齢者が運転免許証を返納しても困らぬよう交通整備を自治体に要請すると言っていた。低料金で主要地を巡る、市内循環バスを設置をしてほしい。

回答内容

市内には路線バス事業者が10者あり、運行ルート・ダイヤは、各事業者が需要や採算性などを考慮して決めています。公共交通の利用動向は、コロナ禍以前より減少傾向にありましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う外出自粛等の影響から利用者は著しく減少しています。そのため、本市では令和2年度から、緊急事態宣言下にありながら運行を継続した事業者への支援金支給をはじめ、感染拡大防止対策に要する費用の一部を助成するなど、地域の社会基盤として重要な公共交通の安定した運行のための支援措置等を講じていますが、事業者は現行の運行体制を維持していくことさえ厳しい状況にあり、新規の循環バスのご要望にお応えするのは難しい状況です。また、現在策定を進めている千葉市地域公共交通計画では、既存の交通ネットワークではカバーすることが困難な公共交通不便地域や、地域周辺に公共交通が運行しているものの、スポット的に公共交通へのアクセスが困難な地域への対応として、新たに「支え合い交通」の導入を検討しています。支え合い交通は、地域住民や企業等が中心となり地域の移動を支え合うもので、既存のバス停等に接続することで、公共交通利用者の裾野を広げるなど、既存公共交通と調和して地域の暮らしを支えることを目指しています。今後、支え合い交通の導入に向けて、地域の方や交通事業者等を交えて検討を進めるとともに、バス路線維持や公共交通ネットワーク確保のため、引き続き、路線バス事業者への支援等の取組みを進めます。なお、運転免許証を自主返納した方が、千葉交通圏(千葉市及び四街道市)にて千葉県個人タクシー協会に加盟するタクシーを利用した場合、乗車運賃が割引きとなる制度もありますので、ご検討ください。

(お問い合わせ)
都市局都市部交通政策課 TEL 043-245-5352

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)