ここから本文です。

更新日:2020年4月6日

就任のご挨拶

この度、令和2年4月1日付けで消防局長に就任しました中村です。

近年、我々消防行政を取り巻く状況は大きく変化しており、消防の任務は従来の火災、救急、救助、自然災害対応はもとより、大規模地震、NBC災害、テロ災害等著しく複雑化・多様化する災害に適切に対応していかなければなりません。昨年全国では7月の京都アニメーション火災で多くの焼死者が発生し、10月には沖縄県民の心のシンボルであった首里城が消失し、世界遺産が失われました。千葉市においても台風15号・19号、そして、10月25日の記録的な大雨によって、建物の倒壊、大規模な停電、浸水及び土砂災害等が発生し、尊い人命や財産が失われるなど大きな被害が発生しました。
また、令和2年を迎え、新型コロナウイルスの感染症の発生が世界中に拡大し、日本では、日々感染者が増えている状況であり、感染拡大防止対策として、多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催の自粛や不要不急の外出の自粛などを実施しています。このような新型コロナウイルスをめぐる現在の状況を的確に把握し、職員一丸となって、新型コロナウイルス感染症対策を進めていく必要があります。
さらに、首都直下地震をはじめとする巨大地震への防災・減災対策が急務であり、新型コロナウイルス感染症の影響で1年延期となりましたが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が来年度に予定されており、引き続き、テロ災害等への備えも必要となっております。

こうした中、我々は市民の皆様の安全・安心を守るため、各種災害に対応するための消防組織体制の整備、消防活動体制の充実強化、社会情勢等の変化に対応した火災予防対策等の推進など様々な取り組みを行い、皆様の負託に応えるよう全力を尽くして参ります。

さて、春といえば新入生や新社会人などの希望に胸を膨らませた若者が新たな扉をひらく季節でもあります。消防局では4月1日付で33人の若者に対し、新規採用の辞令を交付しました。

入校式挨拶

これから新規採用職員は、消防学校において6か月間に及ぶ教育・訓練に臨みます。今まで経験したことのない厳しい訓練やつらい経験もするでしょう。しかし、同期全員がお互いに励まし合い、助け合いながら切磋琢磨し、一人前の消防士へと成長していくはずです。

皆様、将来の消防局を背負っていく若者たちに是非ご期待ください。

令和2年度を迎え、新体制となったチーム消防局は、職員一人一人がプロの消防職員として一丸となって、「ONE TEAM」で本市の安全・安心の確保に努力して参りますので、今後とも千葉市の消防行政に対し、ご理解とご協力をお願いいたします。

入学式

このページの情報発信元

消防局総務部総務課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば5階

電話:043-202-1611

ファックス:043-202-1614

somu.FPG@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)