更新日:2021年8月31日

ここから本文です。

兎澤朋美選手

tomomitozawa

 

氏名(ふりがな)

兎澤 朋美(とざわ ともみ)

競技

陸上(100m、走幅跳)

クラス

T63

ゆかり情報

千葉市内活動拠点

生年月日

1999年1月14日

主な成績

2019年 ドバイ世界パラ陸上100m 6位、走幅跳 3位

2020年 第31回日本パラ選手権100m・走幅跳 優勝

2021年 第32回日本パラ選手権100m・走幅跳 優勝

競技をはじめたきっかけ

東京オリパラの開催が決まったことと、リオパラリンピックで選手たちの活躍する姿を見て、自分も輝きたい、と思ったことがきっかけです。数年後、大学進学の年に、パラアスリート育成のための給付型奨学金制度が日本体育大学に設置されたことと、同大学陸上部にはパラアスリートブロックもあり、専門的な指導が受けられる環境があることを知り、東京2020大会を目指すなら今しかないと思い入学、入部したところから競技を始めました。

競技の魅力、見どころ

基本的なルールはオリンピックの陸上競技と同じなので、わかりやすいところが魅力の一つだと思います。パラ陸上特有のものとしては、選手は義足や義手、車いす、ガイドランナーなどの道具や人をいかに自分のものとして使いこなせるか(ガイドランナーの場合はいかに2人の息を合わせられるか)がポイントになってきます。一見同じように見える道具も、よく見ると一人ひとり違うので、そこも注目していただけると面白いと思います。

好きな言葉、座右の銘

アグレッシブ

パラリンピック出場に向けた抱負

私自身がスポーツに人生を明るくしてもらったように、今度は私のパフォーマンスが誰かの心を動かすきっかけになれたらこれ以上のことはないと思います。ベストな状態で本番を迎えられるよう、準備していきます。

千葉市民へのメッセージ

皆さんの心を動かせるようなパフォーマンスができるよう、全力を尽くします。9月2日のT63女子走り幅跳び、ぜひ応援よろしくお願いします!

関連リンク

一般社団法人日本パラ陸上競技連盟(外部サイトへリンク)

富士通陸上競技部(外部サイトへリンク)

このページの情報発信元

総合政策局オリンピック・パラリンピック推進部オリンピック・パラリンピック調整課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5048

ファックス:043-245-5299

opchosei.POP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)

トップページへ戻る

関連リンク