ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 交通 > 自転車 > 千葉市シェアサイクル実証実験

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年6月19日

千葉市シェアサイクル実証実験

 千葉市では、平成29年7月に施行した「千葉市自転車を活用したまちづくり条例」に基づき、自転車を活用したまちづくりを推進しています。
   今回その一環として、シェアサイクルの導入効果や課題を明らかにするため、平成30年3月26日より、OpenStreet株式会社と共同で「千葉都心」及び「幕張新都心」の2つのエリアで実証実験を開始しました。

新着情報 

 

 平成30年3月26日に実証実験を開始しました!!

180326シェアサイクル実証実験PRチラシ  180326シェアサイクル実証実験PRチラシ(裏面)

実証実験概要チラシのダウンロードはこちらから(PDF:1,471KB)(別ウインドウで開く)

実証実験概要

実施期間

 平成30年3月26日~平成31年9月末(予定)

実施地域

地域名称

範囲

千葉都心エリア

千葉駅を中心とする概ね半径2.0kmの範囲

幕張新都心エリア

海浜幕張駅を中心とする概ね半径2.0kmの範囲

 

ステーション設置箇所数、設置ラック数、自転車投入台数(平成30年3月26日現在)

地域名称

ステーション
設置箇所数

設置ラック数

自転車投入台数

千葉都心エリア

7箇所

計97台分

60台

幕張新都心エリア

6箇所

計148台分

50台

 ※最新のステーション状況については、「HELLO CYCLING」ホームページのマップ上で確認することができます。
    (最新の状況はこちらから)https://www.hellocycling.jp/app/map(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

実施体制

主体

千葉市(実施主体)

OpenStreet株式会社(運営主体)

役割

・実証実験全体の総括
・公共のステーション用地確保
  (実験期間中は使用料を免除し、
     採算性の検証を求める)
・関係者調整
   (交通事業者、自治会など)
・市民等への周知
   (ホームページ、市政だよりなど)

・施設及び器材整備
・民間のステーション用地確保
・シェアサイクル事業の運営
・違法駐輪対策
・利用者アンケート・データの収集等
・利用者への周知・広報


 ※本事業の運営に要する費用はすべて事業者の負担とし、千葉市は補助金、委託料、その他一切の費用を負担しません。 

 千葉市と共同で実証実験を行う事業者が決定しました!

事業者

名称

   OpenStreet(オープンストリート)株式会社(東京都港区東新橋1-9-2汐留住友ビル14階)

選定方法

   参加表明のあった4者について、市職員(7名)で構成する選定委員会で、提出された企画提案書を基にプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、選定。
   ⇒選定結果はこちら(PDF:157KB)(別ウインドウで開く)

提案概要

  • IoTを活用した自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」を提供
  • 実証開始当初は、ステーション設置エリア及び投入自転車台数を限定し、エリア内のステーション密度を高くして利用者への利便性を訴求
  • 利用状況を考慮しながら、サービス提供エリアを拡大し、実証開始から12か月以内に、1,000台規模(千葉都心・幕張新都心それぞれ500台)の自転車を投入
  • コンビニ、不動産、自転車専門業者など、多種多様なパートナー企業との連携により、安全で利便性の高いサービスを提供
  • 利用者のスマートフォン向けアプリにロケーションにマッチした地域情報を配信

    ⇒「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」について(PDF:235KB)(別ウインドウで開く)

 

大阪府北部で発生した地震で自転車を無償提供しました!

 平成30年6月18日に発生した大阪府北部の地震において、OpenStreet株式会社が、阪神エリアの11ステーションでレンタルできる自転車を無償で利用可能としました。

 (詳しい内容はこちらから)https://www.hellocycling.jp/info_20180618.php(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

事業者の公募について

審査及び評価方法

   公募型プロポーザル方式で、本市が設置する選定委員会において、企画提案書及びプレゼンテーションの内容を審査し、両エリア共通の1事業者を選定しました。
   なお、審査にあたっては「運営能力・利用者数」「安全・環境対策」及び「地域連携」を重視しました。

評価項目

配点

審査内容

基本方針     30 全体方針、事業期間ごとの方針、地域特性の把握
運営能力・利用者数     50 運営実績、運営体制、採算性、利用者数、利用者増に向けた取組み
運営設備     35 自転車台数、ポート数及び位置、自転車性能など
利用者の利便性     35 登録方法、利用方法、決済方法、多言語対応など
安全・環境対策     50 安全性、緊急時対応、違法駐輪対策、個人情報管理など
地域連携     40 提供データ、新規性・拡張性、地域事業者との連携など
合計  240  

 

公募スケジュール

平成29年11月17日~ 募集要項の公表・配布
平成29年11月30日 参加意向申出書の受付期限
平成29年12月 7日 質問書の受付期限
平成29年12月11日~19日 質問書に対する回答公表
平成29年12月19日 企画提案書の受付期限
平成29年12月26日 プレゼンテーション
平成30年 1月12日 選定結果公表

 

公募関係資料


国家戦略特区推進課トップページに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総合政策局総合政策部国家戦略特区推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5346 

ファックス:043-245-5551

tokku.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)