ホーム > くらし・地域・手続 > 安全・安心のまちづくり > 防災 > 災害に備える > ハザードマップ > 宅地建物取引における防災情報の周知について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

宅地建物取引における防災情報の周知について

災害から命を守るためには、もしもの時すぐに行動できるように、あらかじめ土砂災害や洪水などの危険を知り、避難場所・避難経路等を確認しておくことが大変重要です。

千葉市では、災害の恐れが高まった場合に、市民等が自らの判断で適切に避難できるよう、水害等に関するリスクの周知を図るため、一般社団法人千葉県宅地建物取引業協会千葉支部及び公益社団法人全日本不動産協会千葉県本部と「不動産取引の機会を捉えた防災情報の周知に関する協力協定」を締結しました。

【宅地建物取引業者の皆様へ】不動産取引時に防災情報周知の取り組みへのご協力をお願いします

「不動産取引の機会を捉えた防災情報の周知に関する協力協定」では、両協会を通して、協会の会員である不動産取引業者の皆様に、不動産取引の相手方等に対し、ハザードマップを活用して対象物件に関する防災情報を提供する取り組みに協力を求めています。

協会会員の不動産取引業者の皆様はもちろん、協会に加盟されていない事業者の皆様におかれましても、取り組みの趣旨にご理解をいただき、防災情報周知の取り組みにご協力をお願いいたします。

実施内容

不動産取引業者は、事務所等にハザードマップを配備し、物件説明の際に、不動産取引の相手方等に対し、ハザードマップを提示し、物件の位置を説明します。

対象となる取引

市内における全ての不動産取引(宅地、建物の売買又は貸借)

提供・説明するハザードマップ

市が作成・提供するハザードマップ(市ハザードマップへのリンク(別ウインドウで開く)

不動産取引の機会を捉えた防災情報の周知に関する協力協定

(1)一般社団法人千葉県宅地建物取引業協会千葉支部との協定締結式

日時

令和2年2月4日(火曜日)15時00分から

場所

市役所3階「市長応接室」

出席者

一般社団法人千葉県宅地建物取引業協会千葉支部 支部長 石川 公之(いしかわ ひろゆき)氏

千葉市長 熊谷 俊人

(2)公益社団法人全日本不動産協会千葉県本部との協定締結

締結日

令和2年6月1日(月曜日)

※新型コロナウイルス感染症対策の観点から締結式は行っておりません。

このページの情報発信元

総務局 防災対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所3階

電話:043-245-5113

bosaitaisaku.GE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)