• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年9月1日

JFEスチール株式会社東日本製鉄所様からのメッセージ

 

JFEスチール株式会社 東日本製鉄所 所長 斉藤 輝弘様からのメッセージ動画です。
 

「JFEスチール東日本製鉄所の斉藤です。

「千葉市民災害対応強化キャンペーン」にあたり、企業市民としての私どもに何ができるのか、その取組みについてご紹介申し上げます。

私たちは、2018年10月、千葉市と「災害時における電気自動車及びパワーコンディショナーの使用に関する協定」を締結させていただきました。これは政令指定都市として初となる、電気自動車の活用を目的とした災害時協定です。

この協定は、千葉市において、地震や風水害などにより大規模な災害が発生した際、私どもが所有しております電気自動車やパワーコンディショナーを、緊急時の公務遂行のためにお役立ていただくというものです。

先の東日本大震災の際には、ガソリンスタンドへの燃料供給の停止等によって公用車への燃料供給に支障が出たり、災害対応作業に伴う一時的な需要の増加により公用車が不足したりといった事があったとお聞きしました。万が一このような事態が起こった場合には、製鉄所で所有する電気自動車22台を、ガソリン供給が不足している場合も稼働できる公用車としてお使いいただきます。また、電気自動車は、災害発生時に停電により電力が不足した場合には、「走る蓄電池」として活用することができます。このため、電気自動車の電気を一般家庭用の電気に変換するためのパワーコンディショナー4台も貸与し、避難所や療養・福祉施設での電気供給にお役立ていただきます。
実際、2019年の台風15号の被害により市内で大規模な停電が発生した際に、本協定に基づき、要請があった場合に迅速に対応できるよう準備を進め、台風上陸の翌日には電気自動車とパワーコンディショナーを提供し、停電地区の電源車や被災現場までの移動手段としてご活用いただきました。また、本協定でお約束しているもののほか、弊社の福利厚生施設を、被害にあわれた方や復旧作業に従事する作業員の方の宿泊施設として提供いたしました。

JFEスチール東日本製鉄所は、千葉市に立地する企業市民として、災害発生時に少しでも皆様のお力になれるよう、我々にできることは何か、を考え続け、協力・支援活動に取り組んでまいります。」

 


このページの情報発信元

総務局 防災対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所3階

電話:043-245-5113

ファックス:043-245-5552

bosaitaisaku.GE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)