ここから本文です。

更新日:2016年12月7日

業務プロセス改革の推進

業務を抜本的に見直し、ICTや外部委託を積極的に活用することで、「市民サービスの向上」と「行政運営の効率化」を推進します。

業務プロセス改革とは

業務プロセス改革とは、ICTを最大限に活用し、全体最適の視点から、業務内容や業務の流れ、組織構造を見直すことです。

今後、さらなる市民サービスの向上、行政運営の効率化、職員の意識改革を実現するためには、庁内のすべての業務について棚卸しを行い、最適な業務プロセスへ転換すること、すなわち業務プロセス改革の取組みが求められており、そのためには、各部門が実施している業務プロセスを客観的な視点から調査・分析し、より効率的なプロセスへと転換することが必要となります。
また、平成28年1月に利用が開始される「社会保障・税に関わる番号制度」は、これまでの市役所における業務の処理手法や手順を大きく変革させるものであることから、当該制度導入を見据えた業務プロセスの見直しが課題となっています。

業務プロセス改革の工程


  1. 現状業務(AsIs)の調査
    業務量などを調査します。
  2. 業務分析
    調査結果から、業務フローやプロセス分析等で、現状業務を「見える化」します。
  3. 業務プロセス改革案(将来モデル。ToBe)の作成
    業務分析結果から、本来あるべき理想的な将来モデルを作成します。
  4. 業務プロセス改革案(実現可能モデル。CanBe)の作成
    現行制度、予算、ICT等の実現難易度を踏まえた実現可能モデルを作成します。
  5. 実現可能モデル実施へのアプローチ
    実現可能モデルを実現します。

取組みの視点

業務プロセス改革に取組むにあたり、次の視点から業務の分析を行います。

  • 全体最適の視点
    複数業務の関連付けや事務の排除など市全体を見通したものか
  • 市民の視点
    負担感軽減や新たなサービスなど市民サービス向上が図られているか
  • 役割分担の視点
    嘱託・派遣職員の活用、外部委託など、正規職員の役割は適切か

千葉市の取組み

取組みの方向性

  • 市民サービスの向上
    市民サービス向上のため、窓口の改革について検討していきます。ICTを活用し、複数の情報システム間のデータ連携や、フロントオフィスとバックオフィスの分離・連携により、添付書類の削減や待ち時間の短縮を図ります。
  • 行政運営の効率化
    ICTの活用による複数の情報システム間のシームレスな連携や、外部委託化により、業務の効率化を図ります。
  • 財源と人員の再配分
    職員を本当に必要な業務や対人関係業務にシフトします。

平成24年度の取組

有効性調査

業務プロセス改革への取組みの方向性を検討するため、転入手続、庶務事務等をモデルケースとして改革案を作成し、改善効果の試算を行いました。(平成24年6月~12月)

平成25年度以降の取組

有効性調査の結果、業務プロセス改革の有効性が確認できたことから、以下の重点分野を中心に、全庁横断的な改革に取り組んでいます。

重点分野の取組み

業務プロセスの可視化・改革案の検討(区役所窓口における総合窓口や事務センターの設置に向けた検討、庶務事務のシステム構築手法やアウトソーシングの検討)及び改革案の策定を行います。
また、財務会計、電子決裁基盤等の内部管理システムの導入に向けた計画を策定します。

分野名 概要 目的(目指すべき姿)
区役所窓口改革
  • ワンストップサービスを提供する窓口の開設
  • フロントオフィス・バックオフィスの設置による役割分担
  • ICTを活用したプッシュ型サービスの提供

【市民の利便性向上】

  • 滞在時間が最少の区役所
  • 来庁せずとも手続が完了する区役所
庶務事務改革
  • 発生源入力を実現するシステムの導入
  • 外部委託の検討

【業務効率化、職員負担の軽減】

  • 最小コスト
  • 最少人員による庶務事務の執行
内部管理システムの導入
  • 柔軟な情報活用を可能とする財務会計システムの再構築
  • 庁内情報を円滑に一元管理することを可能とする再構築
  • 迅速な意思決定と効率的な事務執行のための電子決裁基盤の導入

【業務効率化、円滑なシステム連携】

  • 情報の連携と柔軟な活用による効率的な内部管理事務の執行

 

事業者向け行政手続きの効率化の推進

重点分野の推進と並行して、「事業者(個人を含む)の手続きに要していた時間を返す市役所」を目指し、業務プロセス改革の手法を活用し全ての行政手続きの効率化・簡素化を推進する取組を進めています。

改革意識の醸成

複数の事業について、試行的な現状調査・業務フローの作成等を実施するなど、業務プロセス改革の意識を全庁職員に醸成し、業務プロセス改革を進めていくとともに、重点項目以外の業務についても各担当部門が主体となって取組が行えるよう、研修の実施やノウハウの共有を図っていきます。

このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

総務局情報経営部業務改革推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5045

gyomukaikaku.GEI@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)