• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年3月29日

市税の使いみちポータルサイト

市が提供する行政サービスとみなさまの負担する税金や公共料金などの比較ができます。

市税の使いみちポータルサイトは、みなさまがどれだけの税金、公共料金等を負担し、どれだけの公的サービスを受けているのかを知っていただくためのサービスです。
平成28年3月にサービスを開始し、平成29年2月からは、より幅広く税金の使い方が確認できるようシミュレーションの機能を拡充しています。

1ポータルサイト名称

市税の使いみちポータルサイト(外部サイトへリンク)
市税の使いみちポータルサイトトップページ画像 

2ポータルサイトの機能

1公共サービスメリットシミュレーション

「給食費」、「保育費」、「家庭ごみ処理費」、「下水道使用料」、「子ども医療費」、「国民健康保険料」、「介護保険料」の7つの公共サービスについて、受給するサービスに必要な行政コストと利用者が負担する公共料金の割合を示し、受益と負担の関係を可視化します。
市税の使いみちポータルサイトシミュレーション選択画面給食費シミュレーションページ画像 

2家族構成別モデルケース

主な公共サービスにおける受益と負担をイメージしてもらうために、7つの世帯のモデルケースを用意しています。
世帯構成、年収の違いで、どのように受益と負担の割合が変わるのかについても確認することができます。

モデルケース(世帯選択) モデルケース(計算結果)
3負担のない公共サービスのコストについて

公共料金等の負担を伴わない「消防費」、「図書館」、「公園管理費」の3つの公共サービスについて、1人当たり年間いくらの行政コストがかかっているのかを可視化しています。


負担のない公共サービスシミュレーションページ画像

4シミュレーションについて

各公共サービスのシミュレーションにおける計算方法等の説明です。

 

5もっと詳しく知りたい方へ

市の財政についてもっと知っていただくために、財政関係用語の解説ページへのリンクを配置しています。

 

6市税の使われ方シミュレーション

オープンデータ活用事例として作成されたWhere does my money go?千葉市版へのリンクを配置しています。
御自身が納めている住民税が、どの分野にいくら使われているかを可視化することができます。


WHERE DOES MY MONEY GO?(千葉市版)
WhereDoes

3URL

http://use4publicfee.city.chiba.jp/(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

4サービス開始日・修正履歴

平成28年3月1日(火曜日) :サービス開始
平成29年2月15日(水曜日) :公共サービスメリットシミュレーションのシミュレートサービス追加、負担のない公共サービスコストについて追加

5利用料

無料

6ソースコードの提供について

市税の使いみちポータルサイトを広く皆様に活用していただくために、市税の使いみちポータルサイトのソースコードを無償で提供しています。
提供の流れ等詳細は、市税の使いみちポータルサイトのオープンソースについて(別ウインドウで開く)をご覧ください。

7備考

パソコン、スマートフォン(iPhone Android)で利用が可能です。

 

このページの情報発信元

総務局情報経営部情報システム課

千葉市中央区問屋町1番35号

電話:043-245-5702

ファックス:043-245-5880

system.GEI@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)