ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > その他市政情報 > 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ > 新型コロナに関するメッセージ(8/19~8/25の感染状況、高齢者の運動習慣や認知機能の低下など)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年8月27日

8/19~8/25の感染状況、高齢者の運動習慣や認知機能の低下など

8/19~8/25の感染状況

8/19~8/25の週報です。

陽性者:36人
→入院32人
→ホテル療養4人

入院者の動き
→退院20人
→ホテル療養移行7人

8月25日時点の入院者:28人(先週比5人増)
・重症:2人
・中等症:3人
・軽症:23人

「病床数から見た新型コロナ対応における市内の医療の状況」はステージ2のまま変化はありません。
重症・中等症の方が少し増えてきていますが、殆どは軽症・無症状で、確保している病床と軽症者用ホテルで十分対応ができている状況です。

検査件数は行政検査分のみで667人、陽性率は4.8%です。報告までにタイムラグがある民間検査分を入れた陽性率はここ数週間、3%台となっています。
感染経路不明の陽性者は減少しつつあり、まだまだ楽観視はできませんが、一人ひとりの感染拡大防止行動により着実に改善傾向にあると考えられます。

ホストクラブ・キャバクラ等の接待を伴う飲食店のPCRローラー作戦も各店舗の協力を頂きながら順次進めています。

新規感染者数(8月25日)

PCR検査数(8月25日)

高齢者を中心とする市民の運動習慣・認知機能の低下が懸念

私は以前より新型コロナウイルスのリスクを正しく認識し、過剰に恐れず、全体のリスクを意識して行動することの重要性を述べてきました。
ネット上では少しずつ新型コロナウイルスに対する過剰な怯えが改善されつつあると考えていますが、テレビメディアから情報を取得している高齢者層を中心とした方々は依然として外出を控えている状況です。
外出や行動を長く控えてきたことで運動習慣の低下や認知機能の低下などが懸念され、日本社会が何十年と積み上げてきた健康寿命を取り戻すことが大きな課題となります。

原発事故の際も福島県を中心に保護者が子どもの外遊びを自粛し、その結果福島県の子どもたちの体力測定の数値が大きく低下するなど、心身の成長に大きな影響を与えたことがエビデンスとして分かっています。
当時、福島県でも公園で外遊びをさせる程度は問題ありませんでしたが、メディアやSNS等の影響でリスクのバランスが意識できなくなった結果、このような結果が生まれました。

千葉市では緊急事態宣言中も、市政だより臨時号などで子どもが公園で遊んだり、ウォーキング等をすることは問題なく、むしろ推奨されるとの広報をしてきました。自治体の中には遊具を閉鎖する等の過剰な対応を取ったところも少なくありません。
今後も市民の皆さんに全体リスクを考え、適切な行動を取って頂けるよう、様々な形で広報していきます。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)