ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > その他市政情報 > 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ > 新型コロナに関するメッセージ(県の5、6人会食自粛要請が解除されました)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年9月11日

県の5、6人会食自粛要請が解除されました

昨日(9月10日)、県が「5,6人以上の会食自粛」をその日付けで解除すると発表しました。

会食リスクは人数が問題ではありません。

空気の循環が無く、密閉された空間になっていないか、
人数に対して十分な広さが確保されているか、
席は十分な間隔が確保されているか、
向き合って近い距離(密接)で話す状況になっていないか、

などが重要です。
逆に言えば、これらが担保されていれば多人数でも問題ありませんし、担保されていなければ2人、3人でも問題です。
違いは、多くの人にうつすスプレッダーが存在する確率が参加人数が増えれば増加することだけです。

また、テーブルを複数に分け、十分な間隔を取っていても宴会にありがちな席を立って酌をしに行くと、非常に近い距離で話しがちです。
千葉市では県の要請以前から、十分な空間と間隔を確保した上で、席を立つことや酌をするような行為をしないことなどを要請してきました。

繰り返しますが、人数は基本的に関係ありません。
現在政府が行っている大規模イベントの人数制限はその空間におけるリスクよりも、1万人規模の人数が動くことで、例えばイベント終了後に出口、駅など様々な場所に一気に人が流れ込むことによって密が発生するリスクを警戒してのものです。
十分な空間があり、3密が避けられていれば500人いようと3000人いようと、その空間自体のリスクは決して高いわけではありません。特に屋外、会食無しなどであればなおさらです。

人数で制限をかければ、いつまでたっても国民は何がリスクなのかが分からず、経済的にも社会的にも重要なイベント・行事・会合などが制限され、その負の影響は長期化するほど顕在化し、そのダメージを取り戻すのに多くの時間を要することになります。

春の時期とはもうステージが違います。
十分な感染予防対策を行った上で社会経済活動やコミュニティ活動を再開させていくべき時期に来ていますし、日本は諸外国と違って十分にそれが可能な状況を人々の努力で作ってきています。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)